ブリギッタ・ムンテンドルフ(音楽)

Brigitta Muntendorf

Brigitta Muntendorf, ブリギッタ・ムンテンドルフ(1982年生まれ)はブレーメンとケルンの大学で作曲を学んだ。ジーゲン大学などで作曲を教える傍ら、アンサンブル・ガラージェの設立者であり芸術監督でもあるムンテンドルフは、国内外のインターメディア的な、また演出されたコンサートを主催し、主に若手作曲家の作品を取り上げている。これまでエルンスト・フォン・ジーメンス音楽財団の奨励賞やドイツ音楽著作者賞などが授与された。

ムンテンドルフは、オーケストラやアンサンブル、音楽劇のため楽曲の他、現代音楽の影響を受けたポピュラー音楽の領域でも実験的な電子音楽作品を作曲している。京都では日本のポップス系の歌手たちとの共同作業と実験を計画している。そしてポピュラー音楽の歌詞が、どのような文化的・社会的影響を決定的に受けているのか、そしてそれらの歌詞がどのような新たな意味を持ちうるのかを探りたいとしている。その成果は、ムンテンドルフが京都で制作を開始したいとしているアルバムのベースとなる実験的な歌の作品になる予定である。

ヴィラ鴨川滞在期間: 2017年4月20日~7月18日
関連リンク