ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川 - アーティスト・イン・レジデンス in 京都


京都にドイツの公的文化機関ゲーテ・インスティトゥートが開設されて、2013年に50周年を迎えました。この記念の年を機に、これまでの歴史を振り返ります。
かつての京都ドイツ文化センターは、ヴィラ鴨川となり、あらゆる分野のドイツの芸術家が滞在するアーティスト・イン・レジデンスとして活動しています。
半世紀の歴史を振り返ると、開設当時から、様々な形でドイツの芸術に携わってきたことが分かります。
さらに同年、京都とケルンの姉妹都市提携も50周年を迎えました。

京都ケルン姉妹都市提携50周年記念特別奨学金

ヴィラ鴨川とケルン市は、京都ケルン姉妹都市提携50周年を記念し、写真家ビョルン=エリック・コーネン氏に特別奨学金を授与しました。

京都-ケルン姉妹都市提携50周年

京都市とケルン市の姉妹都市提携が今年50周年を迎えます。5月14日には、2つの50周年を記念した式典がヴィラ鴨川にて行われました。

スライドショー 50年を振り返って

京都のゲーテ・インスティトゥートで50年間に行われた催しを振り返ります。

50周年記念イベント

ヴィラ鴨川における、京都ケルン姉妹都市提携50周年関連事業はこちらでご覧いただけます。