ズー・ジャオ Zou Zhao

Chinese is Not a Language! John Hansen intervenes

Chinese is Not a Language! John Hansen intervenes © Zou Zhao, Photo by Alex Ha
Chinese is Not a Language! John Hansen intervenes Courtesy of the artist. © Zou Zhao, Photo by Alex Ha


ズー の両親は湖北省出身だが、6歳の時家族とともにシンガポールに移民した。言語に対する現在の関心は、様々な都市に離散した中国人ディアスポラの一人として生きた経験を、直接反映している。英語と北京語の間のギャップへの特別な関心から出発し、彼女の様々な作品は、今日の新植民地主義的な知識の分配に関する、英語の役割を検証する。グローバルな記号による統治下で、現代の主観性は「翻訳」によって生まれると理解されるという意味において、中間的でディアスポリックなアイデンティティは、言語の透明性に対する申し立てを証言するのに十分である。彼女の作品は、これまでビデオ、パフォーマンス、ライティングという形態をとり、声の物質性を通し、植民地の遺産を検証してきた。彼女のパフォーマンスとビデオ作品では、声を身体の換喩として扱い、アイデンティティについて、また言語内における「自立性」と認識される考え方について問いを発している。


1989年中国福建省生まれ。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのスレード・スクール・オブ・ファインアートで美術学士号取得、卒業。2014年ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ現代美術論専攻で修士号取得。カムデン・アーツ・センター(2013年)、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン美術館(2013年)、no.w.here art space(2014年)、チャイニーズ・ビジュアル・フェスティバル(2014年)、「Double Vision: Overseases Chinese Women Invitation Exhibition 2014」(何香凝美術館、中国)にて作品を発表。「The strange impression of seeing things for the first time 」(アートパビリオン、ロンドン、2013年)共同キュレーション。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのスレード・スクール・オブ・ファインアート「Berenice Goodwin Award for Performance」賞2013年受賞者。