ひとつひとつ ― 試験内容

  1. 読解試験(60分)

    • シラバスや行事日程、パンフレットなど学生生活で接する短い文章を読み、課題にふさわしいものを選ぶ
    • 学問や社会的なテーマについて書かれた、ジャーナリスティックな文章(約450語から550語)を読み、正しい答えを選んでマークシートに記入する
    • 専門新聞や大学新聞に掲載されている、学問的語彙を用いた文章(約550語から650語)を読み、問題の選択肢が文章の内容に即しているかを判断する
  2. 聞き取り試験(約40分)

    • 学生2人の会話などの身近な状況での短い会話を聞き、問いに即してメモを取る
    • 学生生活や学問一般についてのインタビューや議論を聞いて、選択肢が内容に即しているかどうかを判断する
    • 講演を聞き、内容についての問いに答える
  3. 筆記試験(60分)

    • 与えられたテーマについて、あらかじめ定められた論点と統計を用い、構成のしっかりした、筋道のある文章を書く
    • このテーマについて自分の意見を表明し、その根拠を述べる
  4. 口頭試験(約35分)この試験はコンピュータを用いて行われる

    • ドイツの大学生活で起きる、さまざまな場面を想定した7つの問いに答える
    • 質問をして必要な情報を教えてもらったり、図表を描写し、その内容を要約したりする。自分の意見を述べ、その根拠を示す。また、反論を吟味したうえで、仮説を唱える<

成績評価

テスト・ダフ(TestDaF)は世界統一基準で行われ、問題の作成および成績判定はテスト・ダフ・インスティトゥートで行われます。テストの合格判定は3、4、5という3つのレベル(TDN)で表示され、それぞれ読解試験、聞き取り試験、筆記試験、口頭試験ごとに成績がつけられます。

読解試験や聞き取り試験では、正誤判定問題や多肢選択法問題が出され、一つの問題に正解するごとに1点が与えられます。そして正解の数によって成績が決められます。

筆記試験と口頭試験の採点およびレベル分けは、特別の教育を受けた、経験豊富な専門家が行っています。詳しくはテスト・ダフ(TestDaF)公式ホームページ(www.testdaf.de)をご覧ください。

この試験は、何度でも受けることができます。

障害者のための試験トレーニング

ゲーテ・インスティトゥートのドイツ語検定試験(A1-C2の全レベル)のオンライン模擬試験-この試験はバリアフリーな形で行われるので、障害を抱えている方に特に適しています。