ゲーテ・インスティトゥートの語学証明書のメリット

ドイツ語ができるということは、役に立ちます。これは世界中で変わりません。けれども語学証明書があれば、もっと役に立ちます。というのも、試験を受けて初めて、自分の語学レベルを正しく理解することができるからです。また、公的に認められた証明書がなければ、たとえば就職の際などに自分の語学能力を証明することができません。

ゲーテ・インスティトゥートの語学証明書のメリット

  • ドイツ語語能力や学習水準を明確に測ることができます。つまり、ドイツ語学習者は、自分の会話能力や聞き取り能力、読み書き能力がどれほどのレベルにあるのか、そしてどれだけ進歩したのかを把握することができるのです。
  • 学校のカリキュラムや成績とは関係なく、ドイツ語能力の証明書になります。
  • GERにもとづく共通評価レベルに対応しています。
  • 試験の品質に定評があります。ゲーテ・インスティトゥートは試験開発や世界的な検査、試験実施、品質保証、試験官教育に関して長年の経験を有しています。

国際的な評価

ゲーテ・インスティトゥートの語学証明書は世界中で高い評価を受けています。たとえばドイツ語基礎統一試験(ZD)は、ドイツ国籍を取得する際の条件になっています。

ドイツの大学や入学準備講習では、ドイツ語上級統一試験(ZOP)、ドイツ語小ディプロム試験(KDS)、ドイツ語大ディプロム試験(GDS)に合格していることは入学の際の条件になっています。また、ドイツ以外の国の大学でも、ゲーテ・インスティトゥートの語学証明書を持っていれば役に立ちます。

たとえばいくつかの国々では、ドイツ語B2検定試験やドイツ語C1検定試験に合格していると、大学入学資格試験でのドイツ語試験が免除されます。また、EU諸国の大学の多くでは、ゲーテ・インスティトゥートの語学証明書があれば、該当する専門分野で単位(クレジット・ポイント)が与えられます。

ドイツ移民者のためのドイツ語検定試験

この検定試験は、ドイツへの移住を希望する外国人の方のための試験です。

新Goethe-Zertifikat B1 – スタンダードの設定

2013年8月1日より新しい Goethe-Zertifikat B1 が実施されます。試験開発の最後の段階はいわゆる Standard Setting でした。

ドイツでドイツ語を学ぶ

ドイツ国内でのドイツ語コース