ベルリン

  • ベルリン 写真: iStock Getty Images Plus
    ベルリン
  • 国会議事堂ドーム 写真: Berlin Tourismus
    国会議事堂ドーム
  • ジャンダルメン広場のフランスドーム 写真: Goethe-Institut
    ジャンダルメン広場のフランスドーム
  • ブランデンブルク門 写真: Berlin Tourismus
    ブランデンブルク門
  • オーバーバウム橋とテレビ塔 写真: Berlin Tourismus
    オーバーバウム橋とテレビ塔
  • ジャンダルメン広場のコンサートハウス 写真: Berlin Tourismus
    ジャンダルメン広場のコンサートハウス
  • 中央駅 写真: Berlin Tourismus
    中央駅
  • 展望カフェのあるテレビ塔 写真: Berlin Tourismus
    展望カフェのあるテレビ塔
  • 夕刻のボーデ美術館 写真: Berlin Tourismus
    夕刻のボーデ美術館
  • ハッケッシェ・ホーフェ 写真: Berlin Tourismus
    ハッケッシェ・ホーフェ
  • サンスーシー宮殿 写真: Berlin Tourismus
    サンスーシー宮殿
  • 夜のポツダム広場 写真: Berlin Tourismus
    夜のポツダム広場

1991年より再び統一された首都となったベルリンは、ロンドン、パリ、ローマと並んでヨーロッパで最も訪れる人の多い都市です。建物は修復され、世界中の建築家たちが新しい時代の幕開けを刻んでいます。ベルリンの企業の80%以上が、サービス業界に属しています。また学問や技術の分野が将来への展望を開いています。さらに、地域を越えて活動する数多くのメディア企業や出版社が居を構えています。ベルリンには大学や専門学校が31校あり、そこでは13万5千人が学んでいます。またベルリンの経済の5分の1は芸術・文化の分野が支えており、このような都市はドイツには他にありません。

文化

ベルリンでは、ベルリン演劇祭、文学祭、ジャズフェスティバル、ビエンナーレなどさまざまな国際的な催し物が行われます。中でもベルリナーレとして知られる国際映画祭は世界でも一番大きい、観客の入ることができる映画祭です。50以上の劇場、170以上の美術館、約600の画廊、130の映画館やその他数え切れないほどの施設のあるベルリンは、世界レベルの文化都市です。美術館の島にある5つの美術館だけでも、数日過ごすことができます。また4ヶ所の芸術専門学校では、若い芸術家を育てています。建築、芸術、音楽、映画、ダンスや演劇などの分野で革新的なアイディアを持つ人々がベルリンで交流し、数え切れないほどのサブカルチャーの影響を受けています。ベルリンは世界に開けた、寛容なホームタウンを提供しているのです。ベルリンはドイツの芸術の首都であり、ヨーロッパでも刺激的な文化のエネルギーの中心の1つとなっているのです。

余暇

日中はシュプレーやハヴェル河畔の砂浜にあるバーでおしゃべり。そのほかにもベルリンの若く活気のある一角には、他には見られない密度でカフェやバーが集まっています。ベルリンのクラブシーンは世界的に有名で、ニューヨークと並んで世界的なトレンドの発信地としての役割を果たしています。またベルリンは自然も豊かで、街のほぼ5分の1は森で、迷宮のように入り組んだ小川や湖があります。動物園やグリューネヴァルト、シュパンダウアーフォレストはベルリン近郊でリラックスできる場所なっており、スポーツやさまざまな余暇を楽しむことができます。