フランクフルト

  • マイン川とビル群 写真: Colourbox.de
    マイン川とビル群
  • レーマー広場 写真: Tourismus+Congress GmbH Frankfurt am Main
    レーマー広場
  • 株式市場 写真: Tourismus+Congress GmbH Frankfurt am Main
    株式市場
  • ザクセンハウゼン 写真: Tourismus+Congress GmbH Frankfurt am Main
    ザクセンハウゼン
  • パルメンガルテン 写真: Tourismus+Congress GmbH Frankfurt am Main
    パルメンガルテン
  • マイン河畔の高層ビル群 写真: Tourismus+Congress GmbH Frankfurt am Main
    マイン河畔の高層ビル群
  • ゲーテハウス 写真: Tourismus+Congress GmbH Frankfurt am Main
    ゲーテハウス
  • 美術館祭 写真: Tourismus+Congress GmbH Frankfurt am Main
    美術館祭
  • Apfelwein nach Frankfurter Art — Bembel und Geripptes. 写真: Eva K. / CC-BY-SA 2.5
    Apfelwein nach Frankfurter Art — Bembel und Geripptes.
  • アップルワイン列車 写真: Tourismus+Congress GmbH Frankfurt am Main
    アップルワイン列車
  • ハウプトヴァッヘ衛兵詰所 写真: Tourismus+Congress GmbH Frankfurt am Main
    ハウプトヴァッヘ衛兵詰所
  • ボートを楽しむ人々 写真: Tourismus+Congress GmbH Frankfurt am Main
    ボートを楽しむ人々
  • クリスマスマーケット 写真: Tourismus+Congress GmbH Frankfurt am Main
    クリスマスマーケット

フランクフルト・アム・マインは、約73万の人口を持つ、ドイツで5番目に大きな都市です。国際色豊かで、様々な言語が飛び交うこのビジネスの中心地では、本や自動車のメッセが行われ、世界の業界のトレンドを生み出しています。フランクフルトは中世より、貿易、商業の中心となってきました。今日では、ヨーロッパの金融、メッセ、サービスの重要な中心地であり、ヨーロッパ中央銀行、ドイツ中央銀行、そして重要なドイツ株式市場があります。またフランクフルト空港は、世界中の都市と直行便で結ばれています。この街で一番古い大学は、1914年に開校されたヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学です。 

文化

この街の一番有名な「息子」は、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテです。ゲーテの生家は、Großen Hirschgrabenにあり、ゲーテはフランクフルトで『若きウェルテルの悩み』を執筆しました。20世紀の哲学の歴史の中では、テオドール・W・アドルノやマックス・ホルクハイマーらの「フランクフルト学派」が画然たる地位を得ています。文化に興味のある方には、ヨーロッパでも最高の音楽劇場の1つであるフランクフルトオペラ座へ行かれることをお勧めします。またこの街には60を越す大小さまざまな美術館、博物館があるのも大きな特徴です。マイン河畔には、映画、建築、応用美術、ユダヤ博物館、現代美術館など世界的に重要な美術館、博物館が並んでいます。全国紙である『フランクフルター・アルゲマイネ新聞』は、ドイツの文化を先導するメディアとなっています。

レジャー

マイン河畔は、大都市を緑の生命線のように走り、フランクフルトの近くでのんびりできる場所として有名です。遊覧船もここに停泊しています。長く伸びる遊歩道は、印象的なビル群を見ながら、ジョギング、サイクリング、サッカーをしたり、ぶらぶら、のんびりするのにぴったりです。また河畔の美術館祭、城のお祭り、クリスマスマーケット、そしてザクセンハウゼンのアップルワインやラインガウでの様々なワイン祭りを通して、フランクフルトの心地よい面を知ることができます。自然やハイキングを愛する人々は、近郊のタウヌスやオーデンヴァルトへ行くこともできます。