マンハイム

  • Planken 写真: Goethe-Institut
    Planken
  • 貯水塔 写真: マンハイム
    貯水塔
  • 芸術 写真: Thomas Koy
    芸術
  • ネッカー川の船 写真: Thomas Koy
    ネッカー川の船
  • 貯水塔 写真: マンハイム
    貯水塔
  • 旧広場 写真: Thomas Koy
    旧広場
  • 港 写真: Thomas Koy
  • 旧消防署 写真: Thomas Koy
    旧消防署
  • ローゼンガルテン会議場 写真: Thomas Koy
    ローゼンガルテン会議場
  • 広場 写真: Thomas Koy
    広場
  • 港 写真: Thomas Koy

ライン川とネッカー川の合流地点に位置するマンハイムには、ドイツ国内で2番目に大きい内陸港があります。世界的な企業が、商業、機械、電気、化学分野で業績を上げ、この街のダイナミックに躍動する経済を担っています。それらの企業は、ヨーロッパの中心という立地、整備されたインフラ、教育や学問への近さを活用しています。マンハイム大学の経済学部は、ドイツの中でも優秀なうちの1つです。2003年に未来志向のパイロット学校として設立されたバーデン・ヴュルテンベルクポップアカデミーでは、ポップミュージックデザインと音楽ビジネスを一緒に学ぶことができます。またマンハイムには書誌学研究所(Duden社)やドイツ語研究所があり、「ドイツ語の中心」と呼ばれています。

文化

街に混在する多様な文化は、モードや音楽、芸術にインスピレーションを与えています。この街には世界168ヵ国からの人々が、この街の文化に特徴を与えています。また、劇場や美術館、クラシック、ジャズ、ポップカルチャーと、ライン・ネッカー河畔のこの街にはさまざまな文化が息づいています。1907年に創立されたマンハイム美術館は、19、20世紀の絵画や彫刻の第一級の収集品で知られています。1782年にフリードリッヒ・シラーの『群盗』が上演されたマンハイム国立劇場は、世界最古の公立の劇場であり、ドイツでも最大級の劇場に属しています。またここでは、音楽、映画、文学の国際的なフェスティバルが15も開かれ、広範囲にわたる高いレベルの文化を持っています。

レジャー

ライン川河畔、オーデンの森とプファルツの森、そして有名なプファルツのワイン通りの間という環境のもと、マンハイムの気候は非常にすごしやすくなっています。街の中心にはルイーゼン公園があります。植物園や動物園、公園がそろっており、ヨーロッパでも有数の自然にあふれた環境です。またマンハイムには、スポーツ競技場、森やワイン畑の小道、ハイキングやサイクリングロードなど、レジャー用のインフラもしっかりと整っています。おいしい食事、伝統のぶどう栽培、絵に描いたような風景は、多くの観光客を惹きつけています。この地方のオープンで明るい気質はよく引き合いに出され、愛されています。また近郊にはハイデルベルク、スパイヤー、フランクフルトなどがあり、交通の便も発達しているため簡単に行くことができます。