「スティルライブ」 小林勇輝のパフォーマンスアートのプラットフォームについて

Stilllive 1
© Lior Neumeister / Goethe-Institut Tokyo

「Still live」?  "生"のパフォーマンスにまだ意味があるのか? 2019年9月2日から7日にゲーテ・インスティトゥート東京で開催された同名のパフォーマンス・アート・プロジェクトのそもそもの出発点となったのが、この問いかけである。2つの単語を繋ぐこの3つの「L」、それはこのプロジェクトを主導したパフォーマンス・アーティストの小林勇輝にとって、過去と現在をつなぐ蝶番だ。


Stilllive 2 「スティルライブ」のインプレッション | © Yohta Kataoka / Goethe-Institut Tokyo 1960年代から1970年代、西欧だけではなく日本の文化シーンもまた、パフォーマンスへの顕著な傾倒を経験した。従来のジャンルに新たな息吹を与えるべく、突破口を模索していた芸術家たちは、もはや静的な物質を用いるのではなく、生身の身体を表現媒体として用いることで、変化の速い新たな現実に反応しようとした。

それから50年後、日々の生活のデジタル化が進む中で、パフォーマンスアートはどのような可能性を持つのだろうか?身体を使う目的といえば主にスマートフォンの操作といった昨今、体液に満たされた傷つきやすく不完全な生身の身体は、もはや時代遅れとなるのだろうか?パフォーマンスアートは、昨今のジェンダーやセクシャリティを巡る議論とどのような関係にあるのだろうか?

現在日本のパフォーマンスアートとは

Stilllive 3 「スティルライブ」のインプレッション | © Yohta Kataoka / Goethe-Institut Tokyo 「スティルライブ」は、日本の若い世代の芸術家たちと行われた1週間にわたるワークショップで、これらの問いと向き合った。ワークショップ最終日の公開パフォーマンスは、ゲーテ・インスティトゥート東京内の複数の場所で同時に行われた。そこにはレジデンス用のアパート内でのごく私的な瞬間や、ホワイエや中庭でのパフォーマンスも含まれており、最後はホールで、全参加アーティストによるパフォーマンスがダイナミックに絡まりあって行われた。

パフォーマンスに続いて、アート界から招かれたゲストが、日本社会の状況との関連に言及しながら講評を述べた。一方、ワークショップの参加者は、ワークショップの最中、時にはごく簡単な練習によって身体的知覚が覚醒し、自身の創作過程において極めて刺激的な体験だったと話した。パフォーマンスする身体の昨日、今日、明日を模索する試みは、2020年にゲーテ・インスティトゥート東京で、さらなる「スティルライブ」のプロジェクトを通じて続けられる。

参加アーティスト:
乾真裕子、遠藤麻衣、小林勇輝、小宮麻吏奈、佐野桃和子、関優花、武本拓也、仁田晶凱、浜田明李
運営:権祥海

ギャラリー「スティルライブ」のパフォーマンス

  • Stilllive 4 © Yohta Kataoka / Goethe-Institut Tokyo
  • Stilllive 5 © Yohta Kataoka / Goethe-Institut Tokyo
  • Stilllive 6 © Yohta Kataoka / Goethe-Institut Tokyo
  • Stilllive 7 © Yohta Kataoka / Goethe-Institut Tokyo
  • Stilllive 8 © Yohta Kataoka / Goethe-Institut Tokyo
  • Stilllive 9 © Yohta Kataoka / Goethe-Institut Tokyo