ベルリン映画祭2020年
暗いイメージ、暗い物語

『Berlin Alexanderplatz(ベルリン・アレクサンダー広場)』、『Undine(ウンディーネ)』、『Schwesterlein(妹)』― 今年のベルリン映画祭のコンペティション部門に選ばれた作品中3本が、ベルリンという街を舞台にしている。テーマは犯罪、恋愛、そして死だ。

ブルハン・クルバニ監督の『ベルリン・アレクサンダー広場』が、オープニング作品にならなかったのはなぜか。この作品に対する期待値は非常に高かったが、新ディレクターのカルロ・シャトリアンはベルリンっ子の地元愛が表に出すぎないように配慮し、本作をあえて最初の上映にしなかったかもしれない。

コンペティション部門の作品中、ベルリンという「都市」が主役の作品が3本もあった。特に待望されたのは、1929年に出版されたアルフレート・デーブリーンの小説『ベルリン・アレクサンダー広場』を扱った新演出だ。この物語を現代に置き換えたのは『Wir sind jung, wir sind stark(ロストックの長い夜)』(2015)も手掛けたブルハン・クルバニ監督。小説の主人公フランツ・ビーバーコプフが、この新作映画ではフランシスという若い難民として登場する。ボートでアフリカから渡る途中の海上で命拾いをし、善人になることを誓ったフランシスだが、ベルリンでは次第に犯罪と悪の渦に巻き込まれて行く。今回も最悪の展開になりそうだ。同名の小説に基づく1980年放送のファスビンダーの伝説的なテレビドラマは、それぞれの画面が内容が分からないほど「暗すぎる」と批判された。クルバニ監督の新作も似たような体験を予感させる。

水中の神秘的な愛

シャトリアンによれば、現在と過去の関係に目を向けた、どちらかというと暗い映画が今回のコンペティション部門の特徴だという。ベルリン映画祭の常連、クリスティアン・ペツォルト監督も、古典的な物語に新しい命を吹き込んだ。『ウンディーネ』は神話上の水の精で、自分を裏切った恋人を殺さなければならないという運命を持つ。しかし、ベルリン市参事会に勤務する歴史家でもある現代版のウンディーネはその運命に抗う。ペツォールト監督は『Transit(未来を乗り換えた男)』に続き、再び俳優のパウラ・ベーアとフランツ・ロゴフスキーを起用。多くの水中シーンは、リチャード・フライシャー監督の『海底二万哩』(1954年)のような古典作品から着想を得ている。

愛と死、そして再生

スイスの二人組の監督、ステファニー・シュアとヴェロニク・レイモンもベルリンの地下に潜入する。演劇界の悲劇的なストーリーを扱った映画『Schwesterlein(妹)』は、燃え尽き症候群に陥った劇作家のリーザが、不治の病気にかかった双子の兄スヴェンに新作戯曲を捧げ、最後の役を与えようとする物語だ。強度のある演技が定評のニーナ・ホスとラース・アイディンガーが愛と死、そして再生を巡る映画の主役を担う。今年、ベルリン映画祭実体も新しいエネルギーを与えてもらえるかもしれない。