シュタルケ財団、ベルリン(ベルリン州)

Ausschreibungen © Goethe-Institut Berlin

文化交流は人と人とのつながりから成りたっています。それを目的として、ゲーテ・インスティトゥートや関連の団体が提供する、ドイツおよび日本で開催されるレジデンスプログラム、研修、ワークショップなどを紹介します。オンラインで参加可能なものもあります。現在申し込み可能な公募は以下のとおりです。
 

ベルリン州: シュタルケ財団、ベルリン

Stiftung Starke
イェルク・ペーター・シュタルケは、1998年、かつての芸術家集団の拠点であったグルーネヴァルトにあるレーヴェンパレ・ヴィラにシュタルケの名をつけた財団の創設を実現した。とくに若い才能ある芸術家が多様な支援コンセプトで援助を受けている。個々の芸術家が独自のスタイルを確立し、また他の芸術形式との集中的な接触ができるようになっている。

財団は、ドイツ内外の美術館、ギャラリー、その他の公的施設、また文化・研究・経済・スポーツ・政治の分野の代表者とのコンタクトを仲介する。

分野:
造形芸術、建築、デザイン、パフォーマンス、音楽、作曲、ニューメディア、文学(戯曲家も可能)

連絡先:
Stiftung Starke – Löwenpalais
Königsallee 30/32
14193 Berlin
Tel. +49 30 8257685
Fax +49 30 8258734
info@stiftungstarke.de
Link-Iconwww.stiftungstarke.de

給付内容:
  • 宿泊とアトリエ
  • 公演と朗読会
期間:
  • 3~12ヶ月
応募方法:
  • 年齢上限:35歳
  • 滞在の開始:年の初めまたは半ば
  • 決まった応募時期はないが、滞在開始の約3ケ月前に応募
  • 応募用紙は同財団のサイトよりダウンロード可能サイト よりダウンロード可能