Heinrich Böll-Haus Langenbroich, Düren

Ausschreibungen © Goethe-Institut Berlin

文化交流は人と人とのつながりから成りたっています。それを目的として、ゲーテ・インスティトゥートや関連の団体が提供する、ドイツおよび日本で開催されるレジデンスプログラム、研修、ワークショップなどを紹介します。オンラインで参加可能なものもあります。現在申し込み可能な公募は以下のとおりです。
 

NRW州 : ハインリヒ・ベル・ハウス、デューレン

Heinrich-Böll-Haus Langenbroich
政治的・経済的に不利な状況にある国々のアーティストに、ランゲンブローホのハインリッヒ・ベル・ハウスは、国家の制約を受けずに活動する場を提供する。ベル一族が60年代まで使用していたランゲンブローホの住居は89年に3つのアパートとアトリエに改築された。奨学生には文学執筆を活動とするものが多いが、画家や作曲家も対象とする。アーティストには、朗読会やセミナー、展欄会など、作品を発表する場が設けられている。

分野:
作曲、文学(戯曲を含む)、美術

連絡先:
www.boell.de

給付内容:
住居
毎月950ユーロを支給(40ユーロの諸経費)
渡航費及び健康保険料の負担

期間:
4ヶ月

選考:
政治的経済的状況から活動が制限されている国々からのアーティストを優先して助成する
応募締め切りに指定はない
2年に一度審査員会議を行う