クイックアクセス:
コンテンツへの直接アクセス第二レベルのナビゲーションへの直接アクセス最初のレベルのナビゲーションへの直接アクセス
ベートーヴェン生誕250周年記念© Muntendorf/Lobeck

ベートーヴェン生誕250周年: カヴァード・カルチャー

2020年は、ベートーヴェン生誕250年の記念の年で、世界各国で様々な企画が予定されています。ゲーテ・インスティトゥート東京も、この世界的な作曲家の功績とそのコスモポリタン的な人間性を称え、その作品を現代によみがえらせるマルチメディア・インスタレーション『カヴァード・カルチャー』を2020年秋に実施します。

オープンコール (オンライン)

ぜひこの国際的なベートーヴェン・プロジェクトにあなたも参加してください。こちらから参加申し込みができます。
Covered Culture(カヴァード・カルチャー )

これは日本、韓国、中国のゲーテ・インスティトゥートの共同企画で、ドイツの作曲家ブリギッテ・ムンテンドルフとドラマトゥルクのモーリッツ・ローベックが演出します。
様々なプライベートあるいはパブリックなスペースで録音・録画されたデータがその素材となります。ベートーヴェンの第九のメロディーを聴きながらあなたがハミングで口ずさんだ録音・録画をお送りください。そこに東京のカラオケで録画する予定の取材映像などを加えて、インスタレーションとして仕上げます。

オープンコール (東京)

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の拡大防止策として、催し物が中止となっています。