クイックアクセス:
コンテンツへの直接アクセス第二レベルのナビゲーションへの直接アクセス最初のレベルのナビゲーションへの直接アクセス

劇作家 I 2018年10月1日~11月15日
ムハンマド·アル=アッタール

シリア人劇作家ムハンマド·アル=アッタールは2011年以来、シリア革命とそれに続く騒乱と向き合い続けている。

ダマスカス生まれの劇作家。大学で英文学を専攻したのちダマスカス高等舞台芸術学院に演劇を学ぶ。卒業後、ロンドンのゴールドスミス・カレッジで 応用演劇学を学び修士号を取得。

Mohammad Al-Attar


近年の作品では、2011年のシリア革命とそれに続く騒乱と向き合い続けている。ほとんどの作品はシリア人演出家オマール·アブサダとの共同制作で、《Withdrawal》、《Online》、《Look at the street...this is what hope looks like》、《 Could You Please Look into the Camera?》《While I was waiting》などは世界各国の劇場や国際フェスティバルで上演されている。フィクションとドキュメンタリーの境界に設定されている舞台作品は、戦争のもたらす疲弊と困難に満ち、それに耐えることがどういうことかを表現する。ヨルダンでの《トロイアの女》(2013年)、レバノンでの《シャティーラのアンティゴネー》(2014年)に続いて《イーピゲネイア》(2017年9月、ベルリン・フォルクスビューネ)をもって最近完成させた3部作は、戦争から避難する女性たちに捧げられている。
 

  • Antigone ©Mohammad Al-Attar
  • Iphigenia ©Mohammad Al-Attar
  • While I Was Waiting ©Mohammad Al-Attar
  • Mohammad Al-Attar Bühne ©Mohammad Al-Attar
  • Iphigenie ©Mohammad Al-Attar



劇作品の他にもシリア蜂起に焦点をあてた記事を雑誌や新聞に多数寄稿している。

東京滞在期間:2018年10月1日~11月15日