クイックアクセス:
コンテンツへの直接アクセス第二レベルのナビゲーションへの直接アクセス最初のレベルのナビゲーションへの直接アクセス

映像作家 / 美術家 I 2019年4月1日~5月15日
アンマール・アル=ベイク

Ammar Al-Beik
© Ammar Al-Beik

1972年ダマスカス生まれのアンマール・アル=ベイクは、ベルリンに拠点を置く映像作家・美術家。当初は写真家として活動し、1990年代後半より映像の制作にも取り組み、以来、ジャンルを超えた作品で広く知られるようになる。

アル=ベイクの映画は、ロカルノ国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭、山形国際ドキュメンタリー映画祭)、釜山国際映画祭、ナント三大陸映画祭、シネマドゥリール国際ドキュメンタリー映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画祭、サンパウロ国際映画祭、シンガポール国際映画祭、マルセイユ国際ドキュメンタリー映画祭、カルタゴ映画祭、ドバイ国際映画祭、ベルリン国際映画祭など、様々な国際映画祭で上映されている。

  • Ammar Al-Beik ©Ammar Al-Beik
  • Ammar Al-Beik ©Ammar Al-Beik
  • Ammar Al-Beik ©Ammar Al-Beik
美術の分野でも世界中の展覧会に出展。最近ではアムステルダムのEye film Museum(2017年)ベルリンMuseum Neukölln(2017年)やPhoto Shanghai(2014年)、ヒューストンFotoFest Biennial(2014年)、韓国はSamsung Blue Square及びBusan Museum of Art(2014年)など、各国各地でその作品が展示されている。

東京滞在期間:2019年4月1日~5月15日