ベルリンからボゴタへ、東京を経由してコルカタへ! 16都市、64のショートムービー、世界の大都市の日常からすくいあげた4つのテーマ。180秒の映像それぞれの中に、私たちを一つにし、互いを区別する、そんな都市の像が浮かび上がってきます。

何が都市の人々を動かし、どのように都市の人々は動くのか。どのように関わり合い、いつぶつかり合うのか。どのように時間を使い、どのように所有物を交換するのか。どのような未来を描いているのか。

若手の国際的なジャーナリストと映像作家たちが、世界12ヵ国のルポルタージュやインプレッションを編纂。異文化比較の万華鏡のような、“彼らの“都市に顔を与えるグローバルな都市のスナップショットを構成しています。

『180秒都市』はゲーテ・インスティトゥートとドイツ・ジャーナリスト学校との共同制作です。

ベルリンからボゴタへ、東京を経由してコルカタへ! 16都市、64のショートムービー、世界の大都市の日常からすくいあげた4つのテーマ。180秒の映像それぞれの中に、私たちを一つにし、互いを区別する、そんな都市の像が浮かび上がってきます。 詳細 ...

Toggle On/Off

シーズン 1~

「空間と時間」

その町で一番賑やかな場所はどこ?静かに落ち着ける場所は?第1シリーズで撮影者が探し出すのは、都市の急激な変化にあらがう場所だ。エレベーターで高い場所に上り、あるいは地下鉄で地下にもぐってみる。撮影者は主人公に同伴し、1日の始まる場所、そして終わらない夜のある場所を訪れる。

共生と対立

都市生活者はお互いにどんなふうに付き合っているのだろう? 彼らが集まる場所はどこ? 意見はどんなふうに表明している? 統合はどのように行われている? 都市はどこで人間を排除する? 第2シリーズでフィルムメーカーは、都市生活者同士の出会いと連帯の場所、そして対立の最前線となっている場所を訪れる。軋轢と怒り、共感と人間らしさが渦巻く場所を。

分かち合いと交換

所有は人間を幸せにするのだろうか?それとも、分かち合いと交換こそが私たちの未来?その都市の持つ分かち合いと交換の伝統的形態はどのようなもの?そして誕生している新しい形態は?カーシェアリング、フードシェアリング、あるいは物々交換パーティー – 第3シリーズでは、都市生活者が何を分かち合い、そして何を自分で所有したいと思っているのかを探る。

「明日」

都市の将来像はどのようなものだろう?都市はどのようなところですでに未来を感じさせる?過ぎ去った時代の遺物が残されているのはどのようなところ?私たちの将来の生活のあり方は今、どこに現れている?予測可能なこと、計画することが可能なことはどんなこと?何が私たちに希望を与え、何が私たちを不安にする?第4シリーズは、都市の明日を考える。


よそ者

故郷とは、必ず地図の上で見つけられなければならないものだろうか?自分の町にいて、よそ者のような気持ちになるのはどんな時だろう?よそ者が安心感を覚えるのはどんな時?第5シリーズでは、フィルムメイカーが「よそ者であること」を考える。

ファッション

ピンストライプのパンツか、ジョギングパンツか?ホットパンツか、かっぽう着か?今、何が流行っていて、何が「終わって」いるのか。第6シリーズではフィルムメイカーがそれを教えてくれる。ファッションジャンキーとファッションオンチと一緒に探訪する180秒間。

周縁部

180秒間、都市を出よう!第7シリーズでフィルムメイカーは都市の中心部を無視し、私たちを「都市の裏側」に連れて行く。ぽつんと離れた郊外の町、魔法をかけられたような周辺地区、「端っこ」の場所へ。地理的にも、社会的にも周縁にあるところへ。

Toggle On/Off

都市

180秒

シーズン7周縁部

シーズン6 ファッション

シーズン 5よそ者

シーズン 4 「明日」

シーズン 3 分かち合いと交換

シーズン 2 「共生と対立」

シーズン 1  「空間と時間」