メルク社の言葉

2018年11月15日 東京にて
ヨハネス・バイロウ
E.Merck KG経営委員会副会長

"当社がメルク・グループとして、また一企業として大切にしているのは、企業活動を展開する国々の人々や文化をよりよく理解すること、そしてその国の人々に当社の本拠地であるドイツの文化に少しでも親しんでいただくことです。また私個人にとっても、このような文化活動は意味深いものです。なぜなら、優秀な管理職は、専門分野に精通していればいいというものではないと思うからです。変化し続ける条件の下、異なる文化圏で長年にわたって成功するためには、井の外を見る蛙であることが求められます。文学と向き合うこともそのような歩みの一部なのです。"

2014年10月17日 東京にて
Karl-Ludwig Kley、元CEO
メルク社(ドイツ、ダルムシュタット)

"そこで私たちは、メルクかけはし文学賞を通し、この状況を変えていくことに貢献していきたいと思っています。価値あるドイツ現代文学が日本語に翻訳されることを、支持推進していきたいのです。"