テレツィア・モーラ : 言葉があふれた通路

Terezia Mora - Liebe unter Aliens © Antje Berghäuser

2018年にはゲオルグ・ビューヒナー賞に輝いた、ドイツとハンガリーにルーツを持つ作家・モーラの作品が持つ「悠然としてかつ優美な言語」(FAZ紙)に一緒に浸りませんか?

コラム


あなたはただ、他の人よりも上手に表現することができて、もしかするとより正確な観察ができる、というだけのことなのです。あなたの特別な才能を発揮しなさい。つまり、観察して、描写するのです。

テレツィア・モーラと土屋勝彦の対話



#fourpages 最新のドイツ文学を聴く

ドイツではオーディオブックには長い伝統があるのに対し、日本の読者にとっては、朗読を聞く体験はまだ出会ったばかりのものにすぎません。ゲーテ・インスティトゥート東京は若手俳優を迎えて、日本語に訳された現代文学の一節を「声」でお届けします。シリーズ第2回ではテレツィア・モーラ『よそ者たちの愛』を取り上げます。

Titelbild Intro Ohtani vierseiten

2-0 大谷賢治郎からのメッセージ (11月3日~)

Titelbild Folge 2-1 vierseiten

2-1 : エイリアンたちの愛 庄崎真知子(11月3日~)

2-2 #vierseiten 最新のドイツ文学を聴く / 永久機関 宮脇僚太 / Perpetuum mobile - Ryota Miyawaki

2-2: 永久機関 宮脇僚太(11月8日~)

魚は泳ぐ、鳥は飛ぶ 泉紀華 / Fisch schwimmt, Vogel fliegt - Norika Izumi

2-3: 魚は泳ぐ、鳥は飛ぶ 泉紀華(11月14日〜)

森に迷う 益子有輝 / Verliefen sich im Wald - Yuuki Masuko

2-4: 森に迷う 益子有輝(11月20日〜)

催し物



パートナー