国際ドイツ語オリンピック2016 本選

ドイツでの本選
© 藤澤 宏多

2016年7月17日~30日まで、ドイツの首都ベルリンで国際ドイツ語オリンピックが開かれました。世界64カ国から125人の高校生が2週間にわたり、ドイツ語世界一を競い合いました。
 

国際ドイツ語オリンピックは、ドイツ語の世界最大規模の競技会で、2年に一度ドイツで開催されます。
このオリンピックは、世界の若い世代にドイツ語の魅力を伝え、ドイツの学術、文化、経済への扉を開くことを目的としています。

生徒たちと一緒に、それぞれの国のドイツ語教員が1名、ベルリンに滞在します。教員たちはここでの交流を通し、各国の教育や経験を学び、新しく得た知識を自国での教育に生かすことができます。ベルリンでの競技は3つの語学レベルにわかれておこなわれました。オリンピックの中心となったのは、テーマに関するリサーチと発表でした。A2,B1,B2の各語学レベルで、個人作成の壁新聞、グループで協力して行うプレゼンテーションとクイズが総合的に評価されました。評価の際には、語学レベルだけでなく、創造力、チームワークも重要なポイントとなりました。

競技のほかにも、各国を紹介するLänderabendや遠足、文化プログラムを通じて、生徒たちは交流を深めました。受賞国は以下のとおりです。
 
B2:1位 クロアチア,2位 チェコ,3位 イギリス
B1:1位 ロシア,2位 マケドニア,3位 アルメニア
A2:1位 ベトナム,2位 インドネシア,3位 タイ
 
参加者と付き添い教員の報告書はこちら