フラウケ・アウルベルト
音楽

Frauke Aulbert © Anja Winterhalter

フラウケ・アウルベルトは声楽家、ボイスパフォーマーとしてハンブルクで活動している。ハンブルク音楽院で声楽を学んだ。現代音楽のほか、美術と演劇の境界を行き来しながら、ボイスパフォーマンスの制作にも取り組む。ハンブルク/シカゴのアンサンブル Collect/Projectと、ハノーファーのForum Neue Vokalmusikの芸術監督を務める。

ヴィラ鴨川滞在中は、芸舞妓の演奏する唄や音楽、その文化をリサーチしたいと考えている。唄のレッスンを受け、様々な技術を学び、それをもとに日本とドイツの伝統を結びつけるプロジェクトに取り組む予定である。