トーク Creators@Kamogawa

ドイツアートBar
座談会「ベルリン × 京都」

Creators@Kamogawaは、日本とドイツのクリエイターが、Barのようなくつろいだ雰囲気で、アートを語り合うイベント。鴨川のほとりのヴィラ鴨川では、ドイツの芸術家たちが滞在して様々な創作活動を行っています。今年4月~7月まで滞在中のレジデント5人が、世界のアートシーンに精通するアートジャーナリスト小崎哲哉氏の司会のもと、京都を拠点に活躍する日本人芸術家とともに語り合います。

今回のテーマは、「ベルリン×京都」。今世界で最も熱いアートの街ベルリンと、芸術の都・京都における表現者の暮らしとは? 芸術家にとっての両都市の魅力とは? 日独のクリエイターが今、何を思い、何を語るのか? 乞うご期待! 

座談会の後は、館内のドイツカフェ「カフェ・ミュラー」にて、ドイツビールやおつまみを片手に、交流をお楽しみください。


座談会「ベルリン × 京都」
日独のクリエイターが熱く語る! (日独同時通訳付)

ベギュム・エルジヤス (振付家/ベルリン在住)            
ヤン・イェリネク (電子音楽作曲家/ベルリン在住)        
マリオン・ポッシュマン (小説家・詩人/ベルリン在住)        
トーマス&レネー・ラペディウス (現代美術作家/ベルリン在住)    
福永 信 (小説家/京都在住)        
伊藤 存 (現代美術作家/京都在住)    
小崎 哲哉 (司会・構成/京都在住)            

日独同時通訳:蔵原 順子、池田ビルギット


戻る