トーク Creators@Kamogawa

座談会『表現者の変化と進化 ~ 転ずる・化ける・あらたまる』

チラシ: Creators@Kamogawa (2015.11.28) Foto: Rainer Komers Creators@Kamogawaは、日本とドイツのクリエイターが、Barのようなくつろいだ雰囲気でアートを語り合うイベントシリーズです。今回のテーマは、『表現者の変化と進化』
 
主題や作風がころころ変わる表現者もいれば、まったく変わらない表現者もいます。本人は「一貫している」と主張していても、傍から見るとものすごく変化していることもあります。もちろんその逆もありますが、そもそも芸術家や芸術作品にとって「変わる」とはどういうことでしょうか? そして、表現や内容の変化は、どんなことがきっかけとなって生じるのでしょうか?
 
9月~12月までヴィラ鴨川に滞在中のドイツの芸術家4人が、多彩な表現領域と奇想天外な作風で知られる美術家・会田誠氏と、京都を拠点に活躍する創作和菓子ユニット『日菓』の杉山早陽子氏をゲストに迎え、アートジャーナリスト小崎哲哉氏の司会のもと、それぞれの体験と実感をもとに、表現者にとって変化とは何かを考えます。
 
座談会の後は、館内のドイツカフェ『カフェ・ミュラー』にて、ドイツビールやおつまみを片手に交流をお楽しみください。交流会では、複数のモニターにて、滞在中のドイツの芸術家の作品もご覧いただけます。
 
参加者:
フィリップ・ブスマン(ビデオアーティスト、舞台装置家)
ライナー・コマース(映画監督)       
アナヒタ・ラズミ(美術家) 
ケヴィン・フェネマン (作家)
会田 誠(美術家)  
杉山 早陽子(和菓子作家)
小崎 哲哉(司会、構成)

チラシ: Creators@Kamogawa 表 (2015年11月28日)
チラシ: Creators@Kamogawa 裏 (2015年11月28日)


Philip Bussmann Rainer Komers Anahita Razmi Kevin Vennemann
Makoto Aida Sayoko Sugiyama, Tetsuya Ozaki

戻る