美術、音楽、文学、映画 Kunst@Kamogawa

~ヴィラ鴨川で、ドイツのアートに親しもう!~

Ann Cotten, Anne Kathrin Greiner, David Hanauer, Arne Zank

鴨川のほとりのヴィラ鴨川には、ドイツの芸術家たちが滞在して創作活動を行っています。現在滞在中のレジデント4人が、これまでの作品を紹介すると共に、3ヶ月間のレジデンスの最後にそれぞれの京都滞在を振り返ります。ドイツの芸術家とともに、アートな一日を過ごしませんか?

ダウンロード用チラシ (表) (PDF, 290KB)
ダウンロード用チラシ (裏) (PDF, 380KB)

プログラム

【昼の部】
11:00~21:00  展示
ヴィラ鴨川滞在中のドイツの芸術家4人の作品や出版物をご覧いただけます。

ダヴィッド・ハーナウアー (デザイナー)
新作キャビネット『 A Kind of Cabinet(NI-53-14)』
& 映像作品『Kyoto Osaka』

会場: 日本庭園のテラス(雨天の場合は館内)
京都でインスピレーションを受けて作った新作キャビネット。宝物収納庫などの伝統を範とし、京都という地域の特色を際立たせながら、そのアイデンティティーに迫ります。京阪神を描写した映像作品も併せて上映。

アルネ・ツァンク (音楽家、アニメ映像作家、バンドTocotronicドラマー)
ミュージック・ビデオ上映、CD試聴、スケッチ画展示
会場: ホワイエ
京都滞在中に創作した新作ミュージックビデオやスケッチ画の展示のほか、自身のバンドTocotronic等のCDや過去のビデオ作品も視聴いただけます。

アンネ・カトリン・グライナー写真映像展
~ KYOTOGRAPHIE国際写真フェスティバル ・サテライトイベントKG+ 参加

2012年のタイ北部滞在時に撮影した写真を中心に映写展示。パーソナルな視点を通して、観光で見るタイとは異なる世界へと誘います。アート映画『Keimkasten 3』(2010年)も上映。

KYOTOGRAPHIE „KG+“ 写真映像展会期: 
2014年3月29日(土)~4月5日(土)、および、
2014年4月18日(金)~4月25日(金)
(3/29以外は、11時~18時まで開廊。月曜休館)
会場: ミニシアター(地下1階) 

レジデント4人の出版物の展示
会場: ホワイエ

16:00~ (開場15:30) 図書室
アン・コッテン朗読会 & トーク
『インタレスト・ネット
~ 帝釈網(インドラのネット)に絡まった食血餓鬼(蚊)のうた~』

(朗読:ドイツ語のみ。ただし、トークには日独逐次通訳あり)
2014年シャミッソー文学賞を受賞した今注目の作家/詩人アン・コッテンが、京都で創作中の長編詩を朗読します。

【夜の部】 18:30~ (開場18:00) ホール
トーク『私の京都』 & 交流会

ドイツ帰国前の4人のレジデントが、3ヶ月間の京都での滞在制作を振り返り、ヴィラ鴨川館長マルクス・ヘルニヒの司会進行のもと、座談会形式で語り合います(独日通訳付/約1時間)。その後引き続き、カフェ・ミュラーにて、レジデントとカジュアルな直接交流をお楽しみください。

 アン・コッテン (作家・詩人)
 アンネ・カトリン・グライナー (美術作家、写真家)
 ダヴィッド・ハーナウアー (デザイナー)
 アルネ・ツァンク (音楽家・アニメ映像作家)
 司会: マルクス・ヘルニヒ (ヴィラ鴨川館長)

戻る