トーク Creators@Kamogawa

座談会 『東北の復興と文化芸術』
ヴィラ鴨川5周年記念

Flyer: Creators@Kamogawa, Photo: Hans-Christian Schink 地震、津波、原発事故に襲われた東日本大震災から、5年という歳月が過ぎました。しかし、被害の甚大さや遅々として進まない復興の様子を考えると、いまだ「過ぎた」と過去形では語れない状況です。震災発生から今日まで、文化芸術面で数多くの取り組みが行われてきたことは、同時に、被災地の人々にとって文化や文化的インフラがどれほど重要であるかを示しています。
 
折しも、アーティスト・イン・レジデンスとなったヴィラ鴨川と東日本大震災は、どちらも今年5年となります。これまでヴィラ鴨川に滞在したドイツの芸術家の中には、滞在中、東北地方を訪れ、その印象を作品に反映させた人たちもいます。ヴィラ鴨川5周年記念の本座談会では、東北で活躍する日本のアーティストとともに、被災地で受けた印象や、被災地での創作活動の限界と可能性などについて、意見を交わします。
 
Rikuzentakata, Honmaru, Iwate Prefecture 座談会の後は、館内のドイツカフェ『カフェ・ミュラー』にて、ドイツビールやおつまみを片手に交流をお楽しみください。交流会では、ドイツ人芸術家の作品も、モニターでご覧いただけます。
 
 


参加者:
ハンス=クリスティアン・シンク(写真家)
ニス=モメ・シュトックマン (作家、劇作家、演出家) 
ダニエラ・ホーフェラー(美術家)                  
ヨナス・ロートレンダー(映画監督)  
エヴァ=マリア・コスキネン(脚本家)         
小山田 徹(美術家、京都市立芸術大学教授)
瀬尾 夏美(美術家、作家)         
小崎 哲哉(司会、構成)

Flyer: Creators@Kamogawa 1 (15.10.2016)
Flyer: Creators@Kamogawa 2 (15.10.2016)

Hans-Christian Schink Nis-Momme Stockmann Daniela Hoferer, Jonas Rothlaender & Eva-Maria Koskinen
Toru Koyamada Natsumi Seo Tetsuya Ozaki

戻る