朗読会とトーク ルーシー・フリッケの《京都滞在日記》

ヴィラ鴨川レジデント/作家

Lucy Fricke, Copyright: Dagmar Morath ベルリンの作家でヴィラ鴨川レジデントのルーシー・フリッケが、ベルリーナー・モルゲンポスト紙に毎週連載しているコラム《京都滞在日記》を朗読します。

彼女の見た日本の第一印象は? 京都で面白かった場所は? 京都に来てびっくりしたことは…? ルーシー・フリッケが、鋭い感覚とユーモアで、初めて訪れたニッポンでの体験や、文化・人々との出会いなどを語ります。朗読会に引き続き、作家とのフリートークもお楽しみいただけます。

なお、催し物の間も、カフェ・ミュラーは通常通り営業しています。本場ドイツのコーヒーやドイツ菓子を味わいながら、ゆったりと朗読に耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

ルーシー・フリッケ朗読会チラシ (pdf, 205KB)

 

戻る