アーティスト・サロン BÜHNE FREI!
TPAM ネットワーキング・プログラム

パフォーミングアーツのミーティングポイント

Von links Christoph Winkler, May Zarhy (MAMAZA), Thomas Lehmen und Naoko Tanaka パフォーミングアーツのミーティングプレイス、BÜHNE FREI!(ビューネ・フライ!)にようこそ!

TPAM国際舞台芸術ミーティング in 横浜2014のネットワーキングプログラムの一環として、ドイツ文化センターはインターナショナルなアーティストの出会いの場、BÜHNE FREI! (さあ、舞台へ!)を実施します。文化と創造活動のハブ横浜の中心、BankARTのスタジオを会場に、ドイツから招聘されたアーティストたちが、自らのプロジェクトを紹介します。

参加アーティストは、まずダンスの分野で活躍するクリストフ・ヴィンクラー、マイ・ツァリー(MAMAZA)2011年秋に3ヶ月間京都のヴィラ鴨川にレジデンス滞在したこともあるトーマス・レーメン。そして、ドイツを中心にパフォーマンスとインスタレーションの分野で活躍する田中奈緒子は、会場にインスタレーションを設置。両国で展開するその活動の一端をごらんいただくことができます。2日間にわたって開催されるこのサロンは、アーティストとプレゼンターの方々の出会いの場であり、個々の経験を交換する場でもあります。

BÜHNE FREI!ではそれに加えて、ドイツでの活動を希望する方に向けて、パフォーミングアーツ分野での滞在が可能なドイツ国内のレジデンスを紹介します(紹介予定のレジデンス:Akademie Schloss Solitude,  PACT Zollverein, Schloss Bröllin, Tanzplan Hamburg)。

国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014
(TPAM in Yokohama 2014)
会期: 2014年2月8日(土)-2月16日(日)
会場: ヨコハマ創造都市センター(YCC)、KAAT神奈川芸術劇場、
BankART Studio NYK、横浜赤レンガ倉庫1号館、STスポット、他
協力: BankART1929、(公財)横浜観光コンベンション・ビューロー、STスポット

戻る