ワークショップ トーマス・レーメン ダンスワークショップ

『京都の暑い夏』第19回京都国際ダンスワークショップフェスティバル

Thomas Lehmen © Thomas Aurin ドイツの振付家でダンサーのトーマス・レーメンが、2014年の『京都の暑い夏』フェスティバルにて、ワークショップを開催します。

トーマス・レーメンは、2011年秋、ヴィラ鴨川招聘アーティストとして、3ヶ月間京都に滞在しました。2013年4月以降は、新たなプロジェクト『A Piece for You』で世界を旅し、世界各地で様々な人々とコラボレーションを行ってきました。

京都のワークショップでも、同プロジェクト『A Piece for You』に関連し 、「アーティスト」と「贈り物をされる人」の相互の出会いを考察し、ダンスやパフォーマンスにおける『贈り物』をテーマに可能性を探求します。ワークショップ最終日には、ショーイングが予定されています。

期間:
2014年4月11日~13日(全5回)
4/11(金)19:00~21:00、
4/12(土)11:00~13:00、14:00~16:00
4/13(日)11:00~13:00、14:00~16:00

戻る