日程とお申し込み

日程とお申し込み 写真:Goethe-Institut/Bettina Siegwart

ドイツ語を学ぶ:検定試験

仕事や留学のためにドイツ語の成績証明書が必要ですか?自分のドイツ語力がどれくらいか知りたいですか?ゲーテ・インスティトゥートでは、世界的に認められた様々な検定試験を受けることができます。

試験日程

大阪では年に2回検定試験を実施します。

 

  レベル 実施日 受験料
内部
受講生
受験料
外部
受験者
  Goethe-Zertifikat C1
 
2018年2月17日(土) 20,000円

再受験
(筆記): 14,000 円​
(口頭):   7,000 円​
25,000円

再受験
(筆記): 17,000 円
(口頭): 8,500 円
  Goethe-Zertifikat B2 2018年3月25日(日)  15,000円

再受験
(筆記): 10,000 円​
(口頭):   5,000 円​
20,000円

再受験
(筆記): 14,000 円​
(口頭):   7,000 円​
  Goethe-Zertifikat B1
 
2018年3月24日(土) 12,000円

 モジュール受験: 4,000円
16,000円

 モジュール受験: 5,000円
  Goethe-Zertifikat A2 2018年2月12日(月・祝)   9,000円

再受験
(筆記): 6,000 円​
(口頭): 3,000 円
12,000円

再受験
(筆記): 8,000 円​
(口頭): 4,000 円
  Goethe-Zertifikat A1
Start Deutsch 1
2018年2月10日(土)   8,000円 11,000円
    

お申込み方法

 

  インターネットでのお申し込み ご郵送・ご来館でのお申し込み
受付期間 2017年12月1日(金)から
2017年12月18日(月)まで
2017年12月1日(金)から
2018年1月5日(金)まで
お申込 &
お支払い
オンライン申込フォームにてお申込みください。
 
  • 受付後、確認のメール及び書類をお送りします。
  • お申し込み後3日経っても確認メールが届かない場合は、お問い合わせください。
  • 期日内(確認メール送信から3日以内)に検定料をお振込みください。


 
  1. 願書 (以下ダウンロード)
  2. 検定料
  3. 東京やその他のゲーテ・インスティトゥートの受講生の方は、受講証のコピー
これらを現金書留で郵送、もしくは直接ご持参ください。
検定料はおつりのないようにお願いいたします。 (願書は大阪ドイツ文化センターでも配布しています。)
 










一旦納入された検定料は、自己都合による変更・キャンセルの場合、払い戻しはできません。その旨ご了承の上、お申し込みください。


 

その他重要事項

受験にあたっての注意事項:
試験日の1週間前までに試験会場、受験に関する注意事項などのご案内をメールにてお送りします。印刷して当日会場までお持ちください。
 
当日ご持参いただくもの:

  1. 試験案内(メールで受信された方は印刷してお持ちください)
  2. 顔写真つきの身分証明書(パスポート、運転免許証、学生証のいずれか)
  3. 黒のボールペン2、3本、蛍光ペンなどのマーカー
*フリックスボールペン(消せるボールペン)、鉛筆、シャープペンシルでの解答は無
  効となります。

試験当日は、試験開始15分前までに試験会場にお越しください。
会場の都合上、開始時間30分以上前の入場はできません。

各試験の「試験規定」および「検定試験実施規則」に目を通しておいてください。


試験結果の通知:
試験結果は書面にて通知いたします。試験実施日から3~4週間の間に郵送いたします。
4週間経っても結果が届かない場合はお問い合わせください。

*内部受講生:
試験日から遡って6ヶ月以内にゲーテ・インスティトゥート(国内・海外問わず)で受講されていた方

*B1,B2検定試験と準備コースについて:
B1,B2レベルに関しては、2018年2月末から試験直前に向けて検定試験準備コースをおこないます。
当該コースと検定試験両方をお申し込みいただくことも可能です。
試験のお申し込みまで、またはお申し込みと同時に試験準備コースの申込・ご入金を済まされた場合は内部受講生の受験料とさせていただきます。

*ゲーテ・ドイツ語検定試験A2、B2およびゲーテ・ドイツ語検定試験C1の部分再受験について:
筆記および口答試験の両方を受験された方が筆記試験または口答試験のどちらか一方のみ合格点に達しなかった場合は、翌年の同じ月までに開催される試験であれば1回に限り部分再受験ができる制度が2016年より新たに導入されました。
尚、A2、B2およびC1試験の部分再受験は、大阪のゲーテ・インスティトゥートで受験された方が、同じ大阪のゲーテ・インスティトゥートで再受験される場合のみ可能です。

筆記試験・口答試験の合格点について:
A2・B2・C1試験は筆記試験・口頭試験両方がそれぞれ60パーセント(筆記75点満点中45点/口頭25点満点中15点)以上の得点で合格となります。どちらか一方が60パーセント未満の場合、全体で不合格の扱いとなりますが、1年以内であれば、1回に限り不合格だったパートだけ再受験できます。A2・B2・C1試験はモジュール試験ではないので、「読む」「聞く」「書く」をそれぞれ単独で再受験することはできません。筆記試験の再受験とは、「読む」「聞く」「書く」の3つのパートをすべて再受験することを意味します。