新型コロナウィルスに関連した対応について

ゲーテ・インスティトゥート東京は一般の方にもご入館頂けます。新型コロナウイルスに対する感染予防対策を厳重に行っております。各セクションの業務時間は以下の通りです:

受付 月曜日~金曜日 10:00 – 13:00、14:00 – 16:00
語学部業務 月曜日~金曜日 10:00 – 13:00、14:00 – 16:00
図書館 水、金 13:00– 17:00 土   11:00-16:00  

私たちの活動

東京でのドイツ語コース

国際的にドイツ語教育の先端を担う
ゲーテ・インスティトゥートでドイツ語を学びましょう。

プロジェクトゲーテ・インスティトゥートのプロジェクト

WS1(Courtesy of Stilllive) © Yulia Skogoreva WS1(Courtesy of Stilllive) © Yulia Skogoreva

ゲーテ・インスティトゥート東京でのパフォーマンスシリーズ
Stilllive: Contact Contradiction

「スティルライブ」はアーティストの小林勇輝によって設立された、パフォーマンスアートを主体としたプラットフォーム。12月11日〜13日、Contact Contradiction をタイトルに3日間にわたるプログラムにおいて、ワークショップとパフォーマンスを通じてコロナ禍が人々の関係性と身体表現に及ぼす影響を検証していきます。

Terezia Mora - Liebe unter Aliens © Antje Berghäuser

テレツィア・モーラ
言葉があふれた通路

テレツィア・モーラが11月22日から23日、ヨーロッパ文芸フェスティバルに参加します。2018年にはゲオルグ・ビューヒナー賞に輝いた、ドイツとハンガリーにルーツを持つ作家・モーラの作品が持つ「悠然としてかつ優美な言語」(FAZ紙)に一緒に浸りませんか?

geidai@goethe 9.-15. November © Arts in COVID 19

コロナ禍における文化芸術

東京芸術大学大学院国際芸術創造研究科(GA)が6月に立ち上げた「COVID-19時代における文化芸術プロジェクト」は大学院生を中心にの時代にどのような文化芸術活動が可能なのかを模索してきました。1週間にわたる複合イベント「コロナ禍における文化芸術」で、コロナ禍の私たちの生活を再考します。