コロキウム デジタル・ヒューマニティーズ

Digital Humanities © Digital Humanities

2017/02/21 (火)

13.45 Uhr - 15.00 Uhr

筑波大学

情報学とデジタル・ヒューマニティーズ -デジタルに転換する時代へ共に歩みだす

科学や社会のデジタル化が進むにつれて、デジタル技術を多用する人文学をはじめとした各分野で、新たな統合のシナリオが生まれています。情報の専門家は常に膨大な量の情報を扱ってきましたが、人文学者もまた、研究の方法や過程にデジタル技術を取り入れてきました。例えば文学研究では、大量のデジタル化された文献を、事前に指定された基準に沿って研究し、特定のアルゴリズムに基づき分析することができます。「普通」の人が一生をかけて読める書籍はせいぜい3000冊程ですが、量的な処理が可能になった今日の文学研究においては、比べ物にならないほど大きな情報の集積を研究対象とすることができます。その基盤となるのが、デジタル化の更なる進行です。書籍や彫刻、出土品などをデジタル資料化し、世界中の研究者に閲覧、参照、研究を可能にしなければなりません。しかし、このためには、専門家によるデジタル資料の評価、管理が必要となります。デジタル資料は「構造化」され、基準に基づき示されることによって、更なる知識プロセスを可能にしていきます。ここに、情報学、図書館情報学は、ゲートキーパーとして文化・学術的財産を保存してきた長い歴史を生かし、役立てることができるのです。

筑波大学で開催されるコロキウムと東京ドイツ文化センターで開催される講演会では、アナログからデジタルへ変換する時代の、デジタル・ヒューマニティーズと情報学の境界における国内外の展開や議論を追います。

筑波大学の優秀な研究者との交流を通して、知識生産の新たな形態について知識を深めましょう。

Heike Neuroth © Heike Neuroth ハイケ・ノイロートは2015年からポツダム専門単科大学の情報学部図書館情報学科の教授として、研究データの管理やデジタル・ヒューマニティーズを研究しています。それ以前は、ニーダーザクセン州立図書館兼ゲッティンゲン大学図書館の研究開発部門で10年以上にわたり主任を務め、マックス・プランク研究所のマックス・プランク・デジタル図書館ではデジタル・ヒューマニティーズ分野の客員研究員として研究を進めました。また、人文学をはじめとした各分野の研究者と共に、デジタル・ヒューマニティーズの分野で長期的なプロジェクトを立ち上げ、研究基盤を構築しました (TextGrid, DARIAH)。

戻る