展示とパフォーマンス フェスティバル/トーキョー17 主催プログラム:アイ・アム・ノット・フェミニスト!

I am not a Feminist © Mai Endo

2017年 10月 26日 (木) -
2017年 10月 29日 (日)

ゲーテ・インスティトゥート東京


アクセス
107-0052 東京都港区赤坂7-5-56
ドイツ文化会館内

アーティスト遠藤麻衣は、過去そして現在作り上げられた女性のイメージを、自らのパフォーマンスと、異質な要素の意外な組み合わせによって考察する。

2015年の展示とパフォーマンス「アイ・アム・フェミニスト」では、男性に搾取され虐げられる生き物としての女性を提示するピカソの有名な絵画《泣く女》(モデルはピカソの愛人ドーラ・マール)を映像を通して自身で再現する、一方で、デートやファッション、ナンパについての若い日本人女性の典型的会話を提示、相反する女性像と向き合った。

新作「アイ・アム・ノット・フェミニスト」では、前作のテーマを引き継ぎながら、婚姻という契約を選んだ女性たちが経験する変化にフォーカスする。遠藤は婚姻を、暗黙の了解の上に成り立つものと捉えている。自身の配偶者村山悟郎は、これら一般的にはうやむやになってしまう期待と義務を可視化するため、独自の契約を結ぶ過程を描く。遠藤と村山はゲーテ・インスティトゥートの複数の場所を訪れ、夫婦生活を「公共の問題」として提示する。
 

10/26(木)・10/27(金)
パフォーマンス: 17:00 / 19:00
展示: 16:00 - 21:00 
10/28(土)・ 10/29(日)
パフォーマンス: 13:00 / 15:00
展示;: 12:00 - 17:00

戻る