文学紹介とトーク ラフィク・シャミとアンドレアス・セシェ: 他者からの眼差し

Doppel2 © Pixabay

2018/11/08 (木)

ゲーテ・インスティトゥート 図書館


アクセス
ドイツ文化会館内
107-0052東京都港区赤坂7-5-56 2F

ラフィク・シャミは1971年にアサド政権樹立とともに故郷ダマスカスから亡命、それ以来ドイツで生活しており、その作品を通して、故郷の人々や場所に声を与えている。その作品は次第にアラビア語でも出版されるようになってきた。ジャーナリストとして世界中の多くの地を旅してきたセシェは、架空の場所を舞台にし、故郷の喪失や自由・発展への欲求などをテーマにして作品を執筆している。
 
取り上げる作家と作品:
ラフィク・シャミの『夜の語り部』とアンドレアス・セシェの『蝉の交響詩』戻る

戻る