展示会 世界のブックデザイン

世界のブックデザイン 2018-19 © Thomas Gothier

2019/12/14 (土) -
2020/03/29 (日)

印刷博物館

例年、デザインの美しくアイデアも革新的な本を選出するドイツ・エディトリアルデザイン財団の「世界で最も美しい本コンクール」。国際的なメンバーからなる審査員グループが例年ライプツィヒに集まり、34か国600冊の候補の中から14冊の最も美しい本を厳選する。更に同時に開催される「最も美しいドイツの本」を受賞した様々なカテゴリーの書籍が選出される。巡回展として世界各地を巡る受賞作品は、日本では「世界のブックデザイン2018‐19」において展示される。これら受賞作は、書籍当印刷物デザインにおけるの最新の傾向を表すものである。
 
印刷博物館で行われるこの展示会は、その他、若いデザイナーに送られる奨励賞受賞作品も展示している。
 
装丁やデザインを学ぶ学生、製本・印刷分野の専門家ばかりでなく、全ての愛書家にとって、意匠の凝らされた書籍の美しさを再発見する良い機会となるであろう。

戻る