『インディゴ』 刊行記念トークイベント 著者 クレメンス・J・ゼッツ、訳者 犬飼彩乃を迎えて

Indigo - Clemens Setz und Ayano Inukai ©Yohta Kataoka ©国書刊行会

2021/07/03 (土)

19:00 - 20:30
JST

『インディゴ』 刊行記念トークイベント

 
2018年かけはし文学賞受賞作、クレメンス・J・ゼッツ著、犬飼彩乃訳『インディゴ』(国書刊行会)の日本語版刊行を記念して、7月3日(土)夜7時から、著者・訳者を迎えたオンラインイベントを開催します。

このトークは、複雑な文章や構造で日本の読者を魅了する本書『インディゴ』の紹介だけではなく、かけはし文学賞がいかに本書の翻訳や刊行を可能にし、どのように著者や訳者が翻訳の過程を体験したのかを解き明かすことを目的にしています。著者と訳者は、本書から自ら選んだ箇所を朗読する予定です。すでにお読みの方も、これから読むという方も、このトークによって本書のさらなる深い理解が可能になり、世界観を体験していただくことができます。『インディゴ』の世界へようこそ!​

かけはし文学賞とは

境界を越えて一方と他方を結ぶ「かけはし」のように、メルクとゲーテ・インスティトゥート東京が共同で開催する「かけはし文学賞」は、ドイツ語の現代文学とその日本語への翻訳を助成し、日独の間に文学の「かけはし」を架ける活動を行っています。

ゲスト

クレメンス・J・ゼッツ 

Clemens J. Setz: Profilfoto © Clemens J. Setz 1982年オーストリア、グラーツ市生まれ。グラーツ大学では数学とドイツ文学を専攻。在学中より文学活動をはじめ、2007年に小説『息子らと惑星たち』でデビュー。2011年ライプツィヒ・ブックフェア賞、2019年ベルリン文学賞、2020年クライスト賞など数々の主要な文学賞を受賞。小説や短篇集、詩集のほか、演劇や映画の脚本、英米文学、エスペラント語文学の翻訳など多方面で活躍している。

犬飼彩乃(いぬかい・あやの)

Ayano Inukai: Profilfoto © Ayano Inukai 1977年愛知県名古屋市生まれ。国際基督教大学、東京都立大学でドイツ文学を学ぶ。2011年、博士(文学)。2014年より東京都立大学人文社会学部助教。2018年メルクかけはし文学賞を受賞し、クレメンス・J・ゼッツ『インディゴ』の翻訳者となる。

戻る