クイックアクセス:

コンテンツへの直接アクセス第二レベルのナビゲーションへの直接アクセス最初のレベルのナビゲーションへの直接アクセス

受講生の声

ドイツ語ならゲーテ © Goethe-Institut Osaka Kyoto

ドイツ語ならゲーテ

みんなドイツ語を話して、貴重なドイツ語の環境です。

ドイツ語でコミュニケーション © Goethe-Institut Osaka Kyoto

ドイツ語でコミュニケーション

ドイツ語は一旦ルールが分かれば、どんどん話せるようになります。

受講生の声

「 ドイツ人とドイツ語で会話が出来るようになった」
Koshi Itoh

年齢も職業も関心も様々な受講生と和気あいあいと色々な場面で使う自然な表現のドイツ語を学べる授業、ドイツ語を話す会などのイベントで楽しくドイツ語を勉強しています。ドイツ人とドイツ語で会話が徐々に出来るようになり、コミュニケーションの幅が広がっていることを実感できるのがとても楽しいです。


「積極的に話す姿勢を培う」
Kayoko Fukuma

日本と比べると、ドイツのゲーテに通う生徒の方がはるかに積極的に発言していました。授業を自分にとって有意義なものにするためには、間違いを恐れず、その議論に自分も参加することが大切ですが、こうした姿勢は日本のゲーテで培われたものだと思います。

 
「語学だけでない出会い」
Noriko Hatanaka

家族と暮らしたスイスでの日々。たくさんの思い出と友人に恵まれた二年半でした。ドイツ語で友達と話したい・・・その思いで学び始めましたが、いまや語学だけでなく魅力的な先生方やクラスメートとの出会いも楽しみです。

オルガンをひいている富田一樹 © いずみホール

オルガニスト・冨田一樹さん独占インタビュー

2016年国際バッハコンクール・オルガン部門で日本人初となる優勝を手にしたオルガニスト・冨田一樹さん。実は、冨田さんはドイツへ渡る前にゲーテ・インスティトゥート大阪・京都(ドイツ文化センター)のドイツ講座を受講されていたんです。というわけで今回はドイツ語学習に関するインタビューに答えていただきました。

奨学生の声

ゲーテ・インスティトゥート大阪・京都で受講すると、ドイツで一ヶ月の語学研修奨学生になるチャンスがあります。