新型コロナウィルスに関連した対応について (最終更新6月1日)

6月1日よりゲーテ・インスティトゥートは一般の方にもご入館いただけるようになります。安全と感染予防対策を厳重におこなってまいります。ドイツ語コースは、個人レッスンと小グループレッスン以外のコースは、引き続きオンラインのバーチャル授業をおこないます。追加申込みも受け付けています。語学部事務所は6月3日より窓口業務を再開します、(詳しくはこちら)6月から、検定試験も館内で実施します。図書館は6月24日より一部再開します。(詳しくはこちら)デジタル図書館サービス「オンライエ」は引き続きご利用いただけます。

私たちの活動

東京でのドイツ語コース

国際的にドイツ語教育の先端を担う
ゲーテ・インスティトゥートでドイツ語を学びましょう。

東京でのドイツ語検定試験

ゲーテ・インスティトゥートのドイツ語検定で、あなたのドイツ語力を証明しましょう。

 

プロジェクトゲーテ・インスティトゥートのプロジェクト

Staffel 2 Studio202X Main Visual © Goethe-Institut Tokyo

#STUDIO202X シリーズ2

トーク・プログラム Studio202X のシリーズ2「民主主義の未来」が、6月5日からゲーテ・インスティトゥート東京のTwitterとFacebookで4回にわたりライブ配信されます。津田大介氏がゲストとの議論を通じて、コロナ危機の後、民主主義という仕組を新たに見直すことができるだろうかという問題の核心に迫って行きます。

Teaser #vierseiten © Kenjiro Otani 

#fourpages最新のドイツ文学を聴く
綴られる言の葉・語られるコトノハ

ゲーテ・インスティトゥート東京は若手俳優をお迎えして、日本語に訳された現代文学の一節を「声」でお届けします。 初回はユーディット・シャランスキー『失われたいくつかの物の目録』。

Danachgedanken -- コロナ後の世界

ゲーテ・インスティトゥートの新しいプロジェクト Danachgedankenでは、全世界の知識人やアーティストがコロナのパンデミックをめぐる状況やコロナ後の世界について思索を巡らす。このページで、日本語訳をお届けします。