私たちの活動

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、現在ゲーテ・インスティトゥート東京は来館を制限しております。業務時間はこちらです。

プロジェクトゲーテ・インスティトゥート東京のプロジェクトと特集​

beuys on/off © Goethe-Institut Tokyo / Dainippon Type Organization

シリーズ
beuys on/off

8月31日から9月5日の1週間、ゲーテ・インスティトゥート東京では「beuys on/off」の催し物をシリーズで行います。「beuys on/off」は、ヨーゼフ・ボイス生誕100周年を記念してゲーテ・インスティトゥート東京が主催する学際的なアートプロジェクトです。

Clemens J. Setz: Workshop zu Transhumanismus © Clemens J. Setz

オンライン国際ワークショップ
ポストヒューマニズムの文学

今年のビューヒナー賞受賞が決まったばかりのクレメンツ・J・ゼッツは、デジタル化された情報社会を生きる人間の在りかたや認識の変容について、つねに深い考察を行ってきました。9月25日、日本の研究者たちと作家本人が、作家の言語に対する大胆なアプローチについて議論します。

Nachhaltigkeit-Olympia-Newsletter-Titelbild © Goethe-Institut Tokyo mit Dank an Ulf Meyer und Daisuke Komuro

持続可能な都市開発
オリンピックは東京をどう変えるか?

持続可能性をテーマとしたウェブマガジンを発表しました。第1部はオリンピックをテーマにしています。1992年のバルセロナ・オリンピック以降、開催都市が大きなスタジアムの建設のためでなく——むしろ都市をより持続可能なものに変える機会としてオリンピックをとらえることが普通になってきました。さて、東京ではどうでしょうか?