Bauhaus Open-End © Goethe-Institut Tokyo

バウハウス オープン・エンド

ここ数か月の間、設立100周年のバウハウスはどのような革新的可能性を広げているのか、問い続けてきたゲーテ・インスティトゥート東京は、2019年10月、11月、映画、講演、一連のヴァーチャル・リアリティー体験, ビデオゲームやデジタルマガジンといった催し物を用意している。

Slider-BlumioXGoethe © Goethe-Institut Tokyo

#blumioXgoethe

ブルーミオはドイツで生まれ育った日本人。彼はドイツと日本の二面性を熱狂的なラップバトルで紹介します。6つのビデオ・エピソードの中で、ドイツと日本のステレオタイプを比較しながら、両国の働き方や食文化の違いに触れていきます。

バーチャルリアリティー © Flicker

Virtual Reality
デジラボ

最新のバーチャルリアリティー(VR)メガネを図書館で無料で体験できます。VRに興味をお持ちの14歳以上の方が対象です。