ドイツ語検定の最高峰、ゲーテC2:GDS

ゲーテ・インスティトゥートの従来の3つの検定試験「ドイツ語上級統一試験(ZOP)」、「ドイツ語小ディプロム試験(KDS)」、「ドイツ語大ディプロム試験(GDS)」に代わって、2012年1月1日より「ドイツ語C2大ディプロム試験(GDS)」が導入されます。

ゲーテ・ ドイツ語C2大ディプロム試験は、 欧州言語能力共通評価レベル(GER) のレベル6かつ最高レベルC2の非常に高いドイツ語能力を証明するものです。

C2:GDSに合格するには、例えば以下の能力が求められます。

  • ドイツ語で読み、聞いたことをすべて難なく理解できる。
  • さまざまなタイプまたは分野のドイツ語を読んだり聞いたりして、その内容を根拠ならびに説明を関連付けながら要約できる。
  • とっさに、よどみなく正確に考えを表現でき、内容が複雑でも微妙なニュアンスを的確に述べることができる。

国際的な認知度

ゲーテ・インスティトゥートの検定試験は世界中で認められており、多数の国々の企業および教育機関で資格証明として通用します。

ゲーテC2:GDS合格証は、これまでのC2レベルの3つの試験と同様、ドイツの大学入学手続きでドイツ語能力証明書として通用します。
Download SymbolRahmenordnung über Deutsche Sprachprüfungen für das Studium an deutschen Hochschulen (RO-DT) PDF, 4 Mb

ドイツ国内のすべての州において、この試験が教員資格の取得の際に必要となる語学能力の証明として認められています。詳細については、各州の文部省、学校教育省、教育省、教員養成省、地方自治体や行政機関にお問い合わせください。

受験地、受験料、試験日程および申し込み

お近くのゲーテ・インスティトゥートまたはその提携試験会場および試験会場の詳細、受験料、試験日程ならびに申し込みについては、次のリンク先をご覧ください。
受験地一覧

新試験の試験日程および詳細については、各地の試験センターが決定して実施します。

よくある質問(Q&A) で、ゲーテ・インスティトゥートの試験に関して頻繁に寄せられる質問に回答していますのでご覧ください。

開発

ゲーテ・ドイツ語検定試験C2:GDSは、ゲーテ・インスティトゥートが開発したドイツ語能力試験です。 文学作品を読んで解答する表現問題は、ミュンヘン・ルートヴィヒ・マクシミリアン大学の協力を得て作成します。 試験問題作者は教員経験および試験経験を有し、ゲーテ・インスティトゥート本部(在ミュンヘン)で試験問題が作成されます。

    障害者のための試験トレーニング

    ゲーテ・インスティトゥートのドイツ語検定試験(A1-C2の全レベル)のオンライン模擬試験-この試験はバリアフリーな形で行われるので、障害を抱えている方に特に適しています。