詳細

2019年

Goethe-Zertifikat B2は新モジュール式試験に変わり、2019年より受験することができるようになります。いくつかの試験機関では2019年1月1日より、その他すべての試験機関では2019年8月1日より新モジュール式試験を開始します。詳しくは、各試験機関へお問い合わせください。

一歩ずつ、進もう! 試験モジュールの内容

Goethe-Zertifikat B2は、「読む」「聞く」「書く」「話す」(2名での口述試験)の4つのモジュールからなります。
試験は、特定の試験機関においてデジタル方式および紙ベースで受験することができます。試験は世界共通の基準で実施され、評価されます。
 

読む

インターネット上の議論、新聞・雑誌の記事、コメント、規定などの文章を読み、主なテーマと要点、見解、意見、ルールを理解します。

試験時間 65分

書く

インターネット上の議論を想定して、時事的・社会的テーマについての意見・その理由を文章にします。また、仕事の場面での公的なメッセージを書きます。

試験時間 75分

聞く

日常的なあるいはラジオから流れてくるインタビュー、講演、会話、意見を聞き、主なテーマと要点を理解します。

試験時間 ca. 40分

話す

与えられたテーマに沿って短いスピーチを行い、それについて相手と会話をします。また、ディスカッション形式で意見を交換します。

試験時間 15分

受験条件

Goethe-Zertifikat B2は青少年および大人向けのドイツ語検定試験です。

ゲーテ・インスティトゥートの検定試験は、最低年齢に達しているかどうかや、ドイツ国籍を有しているかどうかを問わず、すべての希望者が受験することができます。
  • 青少年向けGoethe-Zertifikat B2の受験は、15歳以上の方にお勧めしています。
  • 大人向けGoethe-Zertifikat B2の受験は、16歳以上の方にお勧めしています。
  • Goethe-Zertifikat B2に合格するためには、 ヨーロッパ言語共通参照枠 (GER) にもとづく共通評価レベルで、B2レベルのドイツ語能力が必要です。
  • このレベルに到達するためには、予備知識や学習条件にもよりますが、600時限から800時限(1時限は45分)の授業を受ける必要があります。