ベルリンのAKBP-フォーラム

2016年4月13日から 15日まで、ベルリンで AKBPフォーラムが開催されました。テーマは „Menschen bewegen 2016“ で、PASCH:イニシアチブ「学校:未来を拓くパートナー」が重要な役割を果たしました。

300人以上の生徒、教員、校長が世界中のPASCH校から招待され、さまざまなイベントに参加する一方、生徒と教員からなる「レポーターチーム」も編成され、マルチメディアを駆使し、フォーラムの様子を発信しました。日本からは2人の PASCH生が参加しました。木更津高専の多喜萌(たき もえみ)さんと段野下宙志(だんのした ひろゆき)さんがソーシャルメディアチームとして現地からレポートしました。2人の生徒の体験談はこちら:  
  • ソーシャルメディアチーム © Goethe-Institut Tokyo
    ソーシャルメディアチーム
  • 多くの観光客で賑わうドイツ連邦議会議事堂の屋上ドーム © Goethe-Institut Tokyo
    多くの観光客で賑わうドイツ連邦議会議事堂の屋上ドーム
  • コンクリートの石碑が並ぶホロコースト慰霊碑 © Goethe-Institut Tokyo
    コンクリートの石碑が並ぶホロコースト慰霊碑
  • フランデンブルク門前にて © Goethe-Institut Tokyo
    フランデンブルク門前にて