映画上映 ヴァリー・エクスポート特集

Valie Export: Frühe Experimentalfilme © Valie Export

2018/06/03 (日)

18:00

ゲーテ・インスティトゥート東京 ホール、ホワイエ

オーストリア、1966-1974年、80 分、デジタル
監督: ヴァリー・エクスポート
上映前に簡単な解説あり

上映作品:
"Selbstportrait mit Kopf" (1966 -1967)
"TAPP und TASTKINO" (1968)
"Die süße Nummer. Ein Konsumerlebnis" (1969)
"Body Tape" (1970)
"Facing a Family" (1971)
"Interrupted Line"(1971)                                                                                                                                        
"Hyperbulie" (1973)
"Mann & Frau & Animal" (1970-73)
"Remote...Remote..." (1973)
"Asemie" (1973)
"Schnitte/ Elemente der Anschauung" (1971-74)
"Body Politics" (1974)

映画、写真またはビデオ……ヴァリー・エクスポートはすべてのジャンルの境界線を壊し、メディアアートと60‐70年代のフェミニスト・アヴァンギャルドのパイオニアとしての国際的な地位を築いてきた。新しいメディアを取り入れ芸術の概念を広げ、作り変えていった。メディアとしての身体が、ヴァリーとその作品を特徴付ける。公共の場における破壊行動を通じて身体的な限界と社会的なタブーを打ち破り、女性の身体に書き込まれた社会的なコードの解体を試みる。ヴァリーの作品は理論的概念的考察を経て生み出されており、芸術を研究として捉えるという1960年代に始まるパラダイムシフトの一例とをなしている。


 

戻る