映画 引き裂かれた空 

引き裂かれた空 © PROGRESS Film-Verleih/ Foto Werner Bergmann

5月13日(日) 14:00
5月18日(金)18:30

シネ・ヌーヴォ 


大阪市

監督・脚本 コンラート・ヴォルフ/1964年/114分

失恋のショックを受けて、リタ・ザイデルは生まれ育った村へ帰ってきた。彼女の傷ついた心を癒せるのは過去の思い出だった。2年前、若いリタは10歳年上の化学者マンフレート・ヘルフルトに恋をした。マンフレートの援助で町にやって来たリタは、大学で教育学の勉強を始める。しかしマンフレートの家族や同僚の間で二人の関係は破綻し始める――。

東ドイツを代表する女性作家クリスタ・ヴォルフが1963年に発表した同名小説を、DEFA屈指の名監督コンラート・ヴォルフが映像化。1961年8月に建設された「ベルリンの壁」は映画の中で直接表現されていないが、その「存在」が常に意識される、まさに東西ドイツの分断を象徴するラブストーリーである。

戻る