文学紹介とトーク ベルンハルト・シュリンクとフェルディナント・フォン・シーラッハ: 日常の中の現実とは

Doppel ©Pixabay

木, 2018/10/04

ゲーテ・インスティトゥート 図書館


アクセス
ドイツ文化会館内
107-0052東京都港区赤坂7-5-56 2F

ベルンハルト・シュリンク(1944年生まれ)とフェルディナント・フォン・シーラッハ(1964年生まれ)は、ともに法学者で、40代にミステリー作品で遅咲きの作家デビューを果たす。彼らの本はドイツで最も広く読まれている推理小説だ。登場人物たちは一体自身の日常をどのように捉え、また時代の変化をどのように感じているのか。
 
取り上げる作家と作品:
ベルンハルト・シュリンクの『朗読者』と
フェルディナント・フォン・シーラッハの『禁忌』

戻る