映画上映 父から息子へ ~戦火の国より~

Of Fathers and Sons ©BASISBERLIN

3月9日(土)13:00
3月12日(火)15:00
3月13日(水)19:00
3月15日(金)21:00

ユーロスペース

KINOHAUS 3F
渋谷区円山町
150-0044 東京

監督:タラル・デルキ

オンラインチケット購入はこちらから

上映スケジュール:3月9日(土)13:00、3月12日(火)15:00、3月13日(水)19:00、3月15日(金)21:00
2017年 / 99分 / アラビア語(日本語・英語字幕つき)

ベルリン在住のシリア人映画監督タラル・デルキ(『それでも僕は帰る 〜シリア 若者たちが求め続けたふるさと〜』)は、本作品の制作にあたりシリア北部の家族に2年半にわたり密着した。シリアで活動するアルカイダの関連組織ヌスラ戦線のメンバーを父親に持つ一家の元に滞在する。客として迎え入れられた監督は、戦火を目の当たりにする子供たちの生活を見つめ、特に長男と次男の成長を追った。観客はあるイスラム主義者のプライベートな側面、息子たちをイスラム国家の戦士に育て上げようとする父親としての側面を目にする。戦争の残酷さと家庭生活の内側とが絡み合う深いヒューマニズムの上に成り立ったこのドキュメンタリー映画は、2018年ドイツ・ドキュメンタリー映画賞をはじめ数々の賞を受賞している。

監督:タラル・デルキ

 
 
『父から息子へ~戦火の国より~』

戻る