イニシアチブ「学校:未来を拓
くパートナー」

  • イニシアチブ「学校:未来を開くパートナー」 © Kai Uwe Oesterhellweg
  • イニシアチブ「学校:未来を開くパートナー」 © Kai Uwe Oesterhellweg
  • イニシアチブ「学校:未来を開くパートナー」 © PASCH-net
  • イニシアチブ「学校:未来を開くパートナー」 © Kai Uwe Oesterhellweg
  • イニシアチブ「学校:未来を開くパートナー」 © Keller
  • イニシアチブ「学校:未来を開くパートナー」 © PASCH-net
  • イニシアチブ「学校:未来を開くパートナー」 © Jens Sauerbrey

イニシアチブ「未来のパートナー学校」(PASCH)はドイツをキーワードに世界1700校以上をつなげるネットワークです。ゲーテ•インスティトゥートは世界100ヶ国以上の各国の教育システムに基づく約550校のPASCH校を支援しています。

2008年2月、連邦外務省がイニシアチブ「未来のパートナー学校」(PASCH)を開始しました。PASCHは、外務省がコーディネーターとなり、在外学校中央機関、ゲーテ•インスティトゥート(ドイツ文化センター)、ドイツ学術交流会(DAAD)、そして常設各州文部大臣会議教育交流会が協力して遂行しています。
 

基本理念と目的

PASCHの4つの基本理念:
  • 教育からの視点
  • 複数言語による視野の拡大
  • 言語と教育の推進
  • 国際的学習共同体として未来の問題への対応

2008年2月、外務省はイニシアチブ「未来のパートナー学校」(PASCH)を立ち上げました。PASCHはドイツをキーワードに世界1700校以上をネットワークでつなげ強化します。ゲーテ•インスティトゥート(ドイツ文化センター)は世界
100ヶ国以上の各国の教育システムに基づく約550校のPASCH校を支援しています。

このイニシアチブは外務省がコーディネーターとなり、在外学校中央機関、ゲーテ•インスティトゥート(ドイツ文化センター)、ドイツ学術交流会(DAAD)、そして常設各州文部大臣会議教育交流会が協力して遂行しています。

海外のドイツ人学校と、ドイツ語能力証明書を発行する学校のネットワークも強化されました。それに加え、外国語としてのドイツ語が、各国の教育システムにおいてさらに定着するよう、各校の協力活動も広がっています。また、ドイツ留学のための奨学金や交換留学、またパートナーシップ校の可能性も提供しています。

PASCHの目的

このイニシアチブは、若者に現在のドイツ、ドイツ社会そしてドイツ語に対する持続的な興味と関心を呼び起こそうというものです。世界中に広がるドイツ連邦共和国のパートナー校のネットワークも生まれました。パートナー校は共同の活動や交流を経て、国際的な学習共同体となっています。

PASCHは魅力的な教育活動により、生徒と教員のために長期的に効果のあるトレーニングを行っています。また、若者の能力を伸ばして、ドイツ国内で勉強し、さらにキャリアを磨く準備ができるよう支援しています。それ以外にも、継続的なドイツへの関わりを構築すること、生徒や教員たちがオープンに意見交換し、互いに協力し合うきっかけを提供することも目指しています。PASCHは「Kulturweit」という文化教育政治外交ボランティア団体とも協力して活動しています。

ゲーテ•インスティトゥートの課題と取組み

ゲーテ•インスティトゥートは550校以上のPASCHパートナー校にドイツ語を履修科目として取り入れ、強化するサポートをしています。教員を対象とした教授法研修、語学コース、最新のマルチメディアを活用した教材などを提供しています。その他、ゲーテ•インスティトゥートはイニシアチブの一環として世界中のパートナー校へ教授法のエキスパートをアドバイザーとして派遣しています。参加校の生徒たちは、ドイツの青少年コースに参加することで、ドイツ語力を高めるとともに、異文化の理解を深め、ドイツを身近に感じることができます。
ウェブサイト www.pasch-net.de は、三つの分野に分かれています。
  • 一般の方向け
  • 教員の方向け
  • 生徒向け
一般の方向け

一般の方向けのページでは、関係機関とその活動内容を知ることができます。それに加えPASCHイニシアチブの一環として実施されるプロジェクト、様々な地域のブログ、ドイツ国内のPASCH青少年コースや国際的パートナー校の様子なども紹介しています。インタラクティブな世界地図でパートナー校ネットワークと参加校のポートレートをご覧いただけます。

教員の方向け

このページでは、教員がPASCHネットを授業に取り入れるアイデアや、ダウンロードできる授業用教材、教授法についての情報などをご覧いただけます。PASCH  eラーニングプラットフォームでは、教員は自分用のヴァーチャルな教室を設定したり、また、すでにあるコースをそのまま使うこともできます。

コミュニティでは教材を共有したり、プロジェクトのためのパートナー探しをすることが可能です。教員は、コミュニティや、eラーニングプラットフォーム、もしくはブログなどを使って、例えば地域のオンライン生徒新聞やPodcastなど、国境を越えたプロジェクトを実現することができます。

PASCHネットは教員のためのオンライン研修をPASCH  eラーニングプラットフォーム上で提供しています。オンラインコース 「PASCH-net-Führerschein」では、コミュニティやeラーニングプラットフォーム、生徒新聞PASCHグローバルなど、ドイツ語の授業のために提供されている教材について学びます。オンラインコース「Moodle-Führerschein」では、ソフトウェア・ムードルに基づいたPASCH  eラーニングプラットフォームをどのように学校の授業や教員講師研修に活用することができるか、を学びます。

お問い合わせ:lernplattform@pasch-net.de

生徒向け

PASCH校でドイツを学ぶ生徒たちはコミュニティで他校の生徒達と交流します。コミュニティではテキストや写真、ビデオなどをアップすることができ、またグループを作ってフォーラム上で討論することもできます。

コンテストやプロジェクトなどへも参加できます。様々なレベルのテキストで、ドイツや大学進学の可能性などについての情報も得られます。

討論の場や様々な活動、学習ゲームを通して、ドイツ語の練習をすることもできます。

PASCHネット上でコミュニティやeラーニングプラットフォームへ参加するには、まず登録手続きをし、Eメールアドレスとパスワードでログインしてください。 お問い合わせ:service@pasch-net.de
PASCHネットワークは世界1700校に広がっています。ゲーテ•インスティトゥートは世界100ヶ国以上の各国の教育システムに基づく約550校のPASCH校を支援しています。イニシアチブ「未来のパートナー学校」の一環として、これらの学校はドイツ語の授業を新しく導入し、もしくは拡充しました。ほとんど学校ではドイツ語を第二外国語として取り入れています。PASCHネットワークに属しているのは、それ以外に、在外学校中央機関がサポートする海外のドイツ人学校142校と、文部大臣会議が管轄するドイツ語能力証明書を発行できる1000校です。

学校ポートレート