1968年 ― 転換のとき:
抵抗のアクチュアリティについて

激動の1968年から半世紀がったった今日、私たちはどこに立っているのでしょうか。2018年5月、シンポジウム、展示、ワークショップ、16本の映画シリーズ上映、有名アーティストによるライブ・パフォーマンスやトークを通じて、この50年の社会政治的展開をクリティカルに考察します。


プロジェクト について
映画上映 1968/ 2018

  • 05/08

    演劇についての新たな考察
    – トーマス・オスターマイアーを迎えて

    20:00 - ゲーテ・インスティトゥート東京、ホール | アーティスト・トーク

    オスターマイアーはリアリズム的手法を用いて、私たちが直面する社会政治的な軋轢を可視化し、まだ交渉の余地があるものとして提示する。ただし、特定の政治的姿勢を押し付けるのではなく、観客が各々の政治的態度を深めるよう働きかけようとしている。

  • 05/18
    - 2018/05/20

    Black Opera

    ゲーテ・インスティトゥート東京、ホール | ミクスト・メディア・シアター

     「BLACK OPERA」は、東京のアンダーグラウンドシーンを代表するさまざまな分野のアーティスト(美術、メディアアート、Free Jazz, Hip Hop, Noise、エレクトロニクスなど)が2018年5月18~20日にかけて繰り広げる、音楽、ビデオ、パフォーマンス等の総合舞台芸術の試み。

  • 05/27

    オルタナティブ・カルチャ

    15:30 - ゲーテ・インスティトゥート 図書館

    今回ドイツと日本から、市民の社会参加を促すオピニオンリーダーとアーカイヴの代表を迎え、知識を共有財産として継承するにあたっての市民社会が果たす役割を議論する。

    入場無料/ 事前にお申し込みください : bibliothek-tokyo@goethe.de

  • 05/27

    開かれたアーカイヴ: 何のために、どのように、そしてどこへ?

    18:00 - ゲーテ・インスティトゥート 図書館 | ワークショップ

    自由な抗議運動のアーカイヴの未来を保証するためには、具体的にどのような戦略が可能で、どのような課題や方向性が考えられるだろう?議論を通して、地域間の連携の可能性を模索する。

    入場無料/ 事前にお申し込みください: bibliothek-tokyo@goethe.de
     

  • 05/28
    - 2018/06/15

    昨日からの別れ

    ゲーテ・インスティトゥート東京、ホール | 映画上映+フィルム・パフォーマンス

    5月28日~6月15日にかけて、アレクサンダー・クルーゲ、ルードルフ・トーメ、足立正生、羽仁進やオノ・ヨーコなどの作品をはじめとした日独映画の上映、フィルム・パフォーマンス、監督Q&Aや対談など、「1968年」をテーマとした映画特集を行う。

    映画上映:500円/フィルム・パフォーマンス:1000円(チケットは当日販売、事前申し込み不要)。

  • 05/28

    スカイプ・トーク:アレクサンダー・クルーゲ×竹峰義和×四方田犬彦

    19:00 - ゲーテ・インスティトゥート東京、ホール | スカイプ・トーク

    社会変容のゼンマイ=原動力としての文化実践の持つ力について、ニュー・ジャーマン・シネマの先駆けであり、哲学者、作家でもあるアレクサンダー・クルーゲと哲学者の竹峰義和と映画史家の四方田犬彦がトークする。

  • 05/28
    - 2018/06/03

    1968年ー蜂起する路上

    ゲーテ・インスティトゥート東京, ホワイエ | Ausstellung

    日本とドイツの1960年代後半における路上での抗議行動、あるいはパフォーマンスを中心にした作品、記録映像を展示上映する。


    入場無料 / 予約不要

  • 06/16

    抵抗の未来へ

    17:00 - ゲーテ・インスティトゥート東京、ホール | シンポジウム

    社会学者の小熊英二と日本学者のシュテフィ・リヒターが、学生運動の時代と50年後の右派ポピュリズム台頭を繋ぐ道筋を振り返り、日独の例を参考に民主主義的思想が浸透する現代の抵抗運動のあり方について考える国際シンポジウム。

  • 06/02

    ルドルフ・トーメ×渋谷哲也

    16:00 - ゲーテ・インスティトゥート東京、ホール | トーク

    ルドルフ・トーメと日本の映画評論家渋谷哲也は対談の中で、1960年代から今日のトーメの映画の不変と変化について議論する。

  • 06/03

    映像における性と政治をめぐって

    ゲーテ・インスティトゥート東京、ホール | シンポジウム