ドイツ映画祭 HORIZONTE 2021 【延期】悪は存在せず

悪は存在せず © Films Boutique

5月21日(金)10:00
5月23日(日)13:30

国立映画アーカイブ



悪は存在せず

監督:モハマド・ラスロフ

毎朝早く家を出る男は良き夫・良き父としての生活を送っているが、本当は何をしに行っているのだろう。殺人など想像できないのに、人を殺すよう命令を受ける青年がいる。恋人の誕生日にプロポーズしようとしている兵役に就く若者。医師なのに開業できない理由がある医師・・・イランにおける死刑制度にまつわるこれら4つのエピソードはドラマチックな展開を見せ、体制的な抑圧下にあって、個人の自由をどこまで守ることができるのかを問いかける。選択肢が2つしかない中で、人は「抵抗」を選ぶのか「生き残り」を選ぶのか?ドイツ在住のモハマッド・ラスロフ監督による問題作は、2020年のベルリン映画祭の金熊賞受賞作。

2020年、151分、ペルシア語/日本語・英語字幕付
監督:モハマッド・ラスロフ
キャスト:エーサン・ミルホセイニ、シャガイェグ・シュリアン、カヴェ・アハンガル、アリレザ・ザレパラスト、サラール・ハムゼー、ダリア・モフべり、マフタブ・ゼルヴァティ、バラン・ラスロフ



ドイツ映画祭 HORIZONTE 2021のページへ

戻る