クイックアクセス:
コンテンツへの直接アクセス第二レベルのナビゲーションへの直接アクセス最初のレベルのナビゲーションへの直接アクセス
Symposium

シンポジウム : 多言語教育の意義とは?

英語のほかに外国語を学ぶ意義はなんでしょうか?ゲーテ・インスティトゥート東京とDAAD東京事務所が、中国、韓国、フランス、スペインの各機関と専門家とともに、10月31日、11月1日の2日にわたるシンポジウムで​この問題に取り組みます。


プログラム案

オン・デマンドによるビデオ録画視聴可能 (あいさつ / 講演)

主催者、共催者の歓迎のあいさつ

講演
  • 多言語と自己啓発 ( John C. Maher 氏 (スペイン語) )
  • 多言語とクラスルーム ( 魏 鈾原氏 (中国語))
  • 多言語とカリキュラム計画 (西山 教行氏 (フランス語))
  • 多言語と研究 (Nicole Marx 氏 (ドイツ語))
  • 多言語と社会 (Hyeon-Hee Chung 氏(韓国語))  
17:00-17:30 開会のあいさつ
駐日ドイツ大使あいさつ(イナ・レーペル大使)

文部科学省あいさつ( N. N.)

17:30-18:00 基調講演
吉村 雅仁氏(奈良教育大学教授)

18:00-19:25 全体会: パネルディスカッション (プレフェーズのビデオ講演に基づいて)
  • 多言語と自己啓発 ( John C. Maher 氏 (スペイン語) )
  • 多言語とクラスルーム ( 魏 鈾原氏 (中国語))
  • 多言語とカリキュラム計画 (西山 教行氏 (フランス語))
  • 多言語と研究 (Nicole Marx 氏 (ドイツ語))
  • 多言語と社会 ( Hyeon-Hee Chung 氏(韓国語))
19:25-19:30 1 日目閉会の辞と 2 日目のご案内
15:00-17:00 専門家によるワークショップ – 招待参加者のみ
  • 多言語と自己啓発 (N. N. (フランス語) )
  • 多言語とクラスルーム (Montserrat Sanz 氏 (スペイン語))
  • 多言語とカリキュラム計画 (中川正臣氏 (韓国語))
  • 多言語と研究 (大谷瞳氏 (中国語))
  • 多言語と社会 (境一三氏 (ドイツ語))

17:05-17:35 基調講演 II
N. N.

17:35-18:35 ワークショップのまとめと全体会: 多言語教育の意義とは?

パネリスト
  • 中川正臣氏 (韓国語)
  • Montserrat Sanz 氏 (スペイン語)
  • 境一三氏 (ドイツ語)
  • 大谷瞳氏 (中国語)
  • N. N. (フランス語)
  • N. N. (文部科学省)

18:35-18:45 閉会の辞

シンポジウムの資料はこちら

プレフェーズではシンポジウムの関連資料をご覧いただけます。お申込みいただいた方には資料集のリンクをお送りします。

ライブ配信

シンポジウムの全体会は、日英同時通訳付きでソーシャルメディアのチャンネルでご覧いただけます。(詳細は後日アップされます)


主催、共催、協力機関

Symposium Mehrsprachigkeit Partner-Logos