ソーシャル・トランスレーティング

インタビュー: 翻訳家・細井直子

Naoko Hosoi im Interview

ビデオインタビュー
ユーディット・シャランスキの「失われたいくつかの物の目録」について

カスピトラと古代ローマを日本に伝えるには? インタビューでは日本の翻訳家・細井直子がユーディット・シャランスキー作『失われたいくつかの物の目録』の翻訳の苦労と、ソーシャル・トランスレーティングを利用して他の国の翻訳者と交流したことについて語っています。

翻訳作品(2018年、2019年)



翻訳者



ソーシャル・トランスレーティング: ブログ


メルク・ソーシャル・トランスレーティング・プロジェクト

メルク・ソーシャル・トランスレーティング・プロジェクトは文学翻訳の新しい社会実践の試みである。
アジア10名の翻訳家がにひとつのドイツ語小説を各々の対応言語に翻訳、非公開のデジタル空間で翻訳家同士、また作家本人と意見を交換しながら細部を仕上げてゆく。
 
本プロジェクトの枠組みにおいて社会的な機能が付随した電子書籍使われている。参加する翻訳者と原作者はコメントを記入する仕方で書き込みをすることができる。第1回目のソーシャル・トランスレーティングにはトーマス・メレの『Die Welt im Rücken(裏の世界)』が選ばれました。作品はベンガル語、中国語(繁体字、簡体字)、日本語、韓国語、マラーティー語、モンゴル語、タイ語、ベトナム語に翻訳された。翻訳の成果は2018年アジア開催の国際的な書籍見本市やフランクフルト・ブックフェアで紹介される。
 
メルク・ソーシャル・トランスレーティング・プロジェクトは、韓国メルクの協力によって韓国のゲーテ・インスティトゥートと生まれた。

協賛・助成







  Seitentrenner 3