かけはし文学賞

境界を越えて一方と他方を結ぶ「かけはし」のように、メルクとゲーテ・インスティトゥート東京が共同で開催する「かけはし文学賞」は、ドイツ語の現代文学とその日本語への翻訳を助成し、日独の間に文学の「かけはし」を架ける活動を行っています。


今回で第4回となる「かけはし文学賞」。厳正な審査を経て、計17件の応募の中からルッツ・ザイラーの小説家デビュー作 『Kruso(クルーゾー)』 が受賞対象作品に選ばれました。


ルッツ・ザイラーは1963年ゲーラ生まれ。大工・左官の職業教育を経て、マルティン・ルター大学ハレ(ザーレ)にて歴史と独文学を学ぶ。ザイラーは東ドイツ出身、先に詩人としての地位を確立したのち、2014年『Kruso』で作家としてデビューした。数々の文学賞を受賞、主なものにブレーメン市文学賞、ウーヴェ・ヨーンゾン賞、ドイツ書籍賞、2020年のライプツィヒ・ブックフェア賞など。現在、ベルリンとストックホルムを拠点に執筆を行う。

翻訳者の金志成は1987年大阪生まれ。東京およびベルリンにて国際政治経済とドイツ文学を学んだ。2018年からは早稲田大学文学学術院にて教鞭を取る。ドイツ現代文学に関する刊行物多数。ウーヴェ・ヨーンゾンに関する論文で公益財団法人ドイツ語学文学振興会奨励賞を受賞している。近く、ウーヴェ・ヨーンゾンに関する著作『対話性の境界』が法政大学出版局より刊行される。2019年にはトーマス・メレ『背後の世界』を翻訳した。横浜在住。

 

受賞作家ルッツ・ザイラー氏は東ドイツ生まれ、今世紀のドイツを代表する詩人である。そのデビュー小説『Kruso(クルーゾー)』は、ベルリンの壁崩壊という世界史的事件を題材としながら、首都ではなく文化人の避難先だったバルト海の島ヒッデンゼーを舞台に選んだ。ロビンソン・クルーソーを意識しつつ周縁から祖国の落日を記録して、ファンタジーとリアリズムの間で揺らぐ独自の小説言語を生み出したことが高く評価された。研究者としてドイツ現代文学に造詣が深く文芸作品の翻訳にも実績がある金志成氏は、この画期的な小説の翻訳者に最も適している。

審査委員長
・山本浩司
早稲田大学 文学学術院教授
 
審査委員
  • イルマ・ラクーザ
    スイス人作家・翻訳家、文学研究者
    2016年度かけはし文学賞受賞者
  • 副島美由紀
    小樽商科大学 言語センター 教授
  • 関口裕昭
    明治大学大学院 情報コミュニケーション研究科 教授
  • 守田省吾
    みすず書房 代表取締役社長
  • ローマン・マイシュ
    メルクパフォーマンスマテリアルズ株式会社 代表取締役会長兼社長
  • ペーター・アンダース
    ゲーテ・インスティトゥート東京 所長

審査委員会
審査委員会は2020年5月に開催された。 

祝辞



インタビュー


公募について(次回公募 : 2021年秋)


2013年に始まったかけはし文学賞は隔年で開催されており、対象となるのは、ドイツ語の文芸作品とその翻訳で、翻訳者自身が作品を提案します。作品は現代的なテーマと向き合った、日本で広く紹介すべき文芸作品で、計2万ユーロの賞金はその作家、そしてその翻訳出版を通じて文化交流に貢献する日本語の翻訳者並びに出版社に授与されます。

応募資格
ドイツ語から日本語に翻訳する文芸翻訳者の方々
 
応募条件
  • 現代社会の問題をテーマとして扱ったドイツ語圏の現代文学(小説・詩集・戯曲など)を、翻訳者が選定し和訳の提案をする
  • 翻訳を完遂し出版する見込みがあること
  • ドイツ語原文からの翻訳に限る 
応募方法・必要書類
  • 経歴(履歴書/翻訳・著作一覧)
  • 応募作品の概要・応募理由
  • 応募作品の試訳(訳文5頁以内)および、対応部分の原文
  • 既に出版された翻訳書のある応募者は、翻訳書及びその原書(PDFデータ)
  • 応募作品の日本における出版権が、応募の時点で他者によって取得されていないことを翻訳者自身で事前に確認する

かけはし文学賞の次回公募は、2021年秋を予定しています。

かけはし文学賞受賞作には、賞金2万ユーロが授与されます。
  • 著者7500ユーロ
  • 翻訳者7500ユーロ
  • 出版助成5000ユーロ(出版契約書の提出を必要とする)

授賞式は2020年10月に東京にて開催されます。

過去の受賞者

  • 2018年度の受賞者、作家クレメンス・J・ゼッツ氏と翻訳者犬飼彩乃氏 © Goethe-Institut Tokyo, Yohta Kataoka

    2018年度の受賞者、作家クレメンス・J・ゼッツ氏と翻訳者犬飼彩乃氏

  • 2016年度の受賞者、作家イルマ・ラクーザ氏と翻訳者新本史斉氏 © Goethe-Institut Tokyo, Yohta Kataoka

    2016年度の受賞者、作家イルマ・ラクーザ氏と翻訳者新本史斉氏

  • 2014年度の受賞者、作家アルノ シュミット氏と翻訳者和田洵氏  © Goethe-Institut Tokyo

    2014年度の受賞者、作家アルノ シュミット氏と翻訳者和田洵氏

メルク、およびゲーテ・インスティトゥートについて

メルクはドイツに本社を置く世界的なサイエンスとテクノロジーの企業です。より良い暮らしの実現を目指し、ヘルスケア、ライフ・サイエンス、パフォーマンスマテリアルズの分野で、ハイクオリティな製品を提供しています。(メルク)かけはし文学賞は、現在メルク社が世界中で助成している5つの文学賞のうちのひとつです。

 
ゲーテ・インスティトゥートは、ドイツ連邦共和国を代表する文化機関として、世界各地で活動を展開しています。活動の中心となるのは、海外におけるドイツ語教育の推進と、国際的な協力に支えられた文化活動です。ドイツの文化、社会、政治に関する最新の情報を発信することで、ドイツの全体像を紹介しています。また文化・教育プログラムは異文化交流を促進し、異文化体験を可能にし、人と人とのつながりを強めて国際的な交流をサポートします。世界90ヶ国を超える国々で、ドイツという国とその文化に積極的に関わるすべての人にとってのパートナーとして、ゲーテ・インスティトゥートは政治的干渉を受けることなく、自らの決定と責任において活動を行っています。

お問い合わせ

ミヒャエラ・ボーデスハイム
図書館長
Tel.: 3-3584-3203
kakehashi@goethe.de