翻訳支援

翻訳支援 © 写真:Goethe-Institut/Loredana La Rocca  翻訳支援 写真:Goethe-Institut/Loredana La Rocca

ゲーテ・インスティトゥートの「翻訳支援」は、ドイツ国外の出版社にドイツ語の文献の外国語(日本の場合は日本語)翻訳出版を支援します。最新の現代文学や児童・青少年文学作品、学術的に重要な著作をドイツ語圏外での読者に広く読んで頂くことを目的とします。

このプログラムは文化政策的目的を持っており、対外文化・教育政策を方向付ける重要なプログラムの一つとして位置付けられています。

この「翻訳支援」システムができたのは約40年前のことですが、この間に世界45の言語、約6千タイトルの翻訳書に対して翻訳支援が行われました。


各国のゲーテ・インスティトゥート(日本の場合は、東京ドイツ文化センター)が、支援の可能性があるかどうか十分に検討します。支援の可能性があると認められた申請については、所見を添えた資料が、ゲーテ・インスティトゥートのミュンヘン本部に送られます。ミュンヘン本部の翻訳支援委員会で実際に支援が行われるのか、また、支援が行われる場合に、その支援の額が、決定されます。


申請の締め切り:翻訳支援委員会は、以下の期日で年に4回開かれます。
2月初:   応募締め切り日 12月1日
4月末:  応募締め切り日 3月15日
7月末:  応募締め切り日 6月15日
11月初:応募締め切り日 9月15日

学術書、人文学分野の書籍に関しましては4月、11月の委員会で検討されます。人文学分野の書籍に関しましては、他にドイツ研究振興協会の判定を経て決定されます。そのため決定までに3ヶ月から6ヶ月ほどの期間を頂いております。
 


1.出版社が申請する:申請者がドイツ国外にある出版社であること。(日本の場合は日本の出版社。)

2.ドイツ語版が出版済みである:対象となるのは、ドイツ語圏において出版社から印刷物として既に出版されているドイツの著者による作品である。

3.原語からの翻訳:翻訳はドイツ語を原語とすること。

4.翻訳出版の時期:支援決定がされた時点で、その著作がまだ印刷工程にないこと。

5.その他資金を持つこと:支援が決定された場合、ゲーテ・インスティトゥートは国外の出版社に対し外国語版の出版後にその費用の一部を助成する。翻訳、ライセンス費用、印刷費、編集にまつわる全額を負担することはない。

6.ゲーテ・インスティトゥートの露出:支援を受ける出版社は、奥付にゲーテ・インスティトゥートを助成者として明記し、そのロゴを掲載すること。これを怠った場合支援金は支払われない。

7.翻訳者への謝礼:支援を受ける場合、支援金に算入することが出来る翻訳者への謝礼は、翻訳者が出版の時点で受取る額面のみである。

8.電子書籍Onleiheへの翻訳:翻訳版が電子書籍としても出版される場合、ゲーテ・インスティトゥートはその電子図書館利用者に、該当書籍の閲覧を提供する。電子書籍として出版される書籍に関しては、そのepub形式のファイルを提供することを義務とする。
 


支援を受ける出版社は以下にあるゲーテ・インスティトゥートのロゴをお使いください。
 



 

ゲーテ・インスティトゥートの電子図書館Onleiheは、電子書籍、オーディオ・コンテンツ、電子版新聞などのデジタルメディアを提供しています。Onleiheでは週7日一日24時間ワンクリックで所蔵メディアを貸し出ししています。現時点ドイツ国外のゲーテ・インスティトゥートでは25000のメディアを提供しています。

所蔵メディアにはドイツ語書籍の英語版も含まれています。今後、より多くの書籍を多言語で提供していく予定です。

オンラインライブラリー

過去の翻訳支援図書